《カレーパン・マスター 切札(きりふだ)勝太(かった) [編集]

カレーパン・マスター 切札勝太 P 火文明 (10)
サイキック・クリーチャー:カレーパン/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000+
バトルゾーンにあるコスト6以下のクリーチャーはすべて、種族に「カレーパン」を追加する。
このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある他のカレーパン1体につき、+1000される。
自分のターンのはじめに、「カレーパンを食ってやるぜぇ!」と言ってもよい。そうした場合、そのターン、このクリーチャーはタップされていないカレーパンを攻撃できる。
W・ブレイカー
覚醒前⇒《遊びだよ!切札一家なう!》

2012年月刊コロコロ1月号付録で登場したカレーパン/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンターサイキック・クリーチャー

《遊びだよ!切札一家なう!》覚醒後。

敵味方問わずバトルゾーンにあるすべてのコスト6以下のクリーチャーカレーパン種族を追加し、他のすべてのカレーパン1体につきこのクリーチャーパワーが+1000される。
また、自分のターンのはじめにこのクリーチャーがあれば、そのターンの間このクリーチャーは、相手の《カレーパン・マスター 切札勝太》またはコスト6以下に対してアンタップキラーとなる。

コストの低いクリーチャーに対しては一方的にアンタップキラーを振り回すことができるため、【クリーチャーコントロール】に対してはなかなかの制圧力を見せる。
その反面、解除を持っていないため返しのターンであっさり除去されることも多い。

覚醒前と比べ、レッド・コマンド・ドラゴンが追加されたため、このクリーチャーをサポートできるカードも多くなっている。ただしカードイラストからはレッド・コマンド・ドラゴンの面影は微塵も感じられない。
また、ハンターであるためかカード名ドラゴンサイキック・クリーチャーの命名ルールを完全に無視している(覚醒前に「時空」、覚醒後に「覚醒」の文字が入らない)。

環境において [編集]

覚醒アンタップキラー取得の条件、香り付きであることから登場当初は完全にネタカード扱いされていた。

だが、後に【紅蓮ゾルゲ】との相性の良さが発見されると、一躍ガチデッキに盛んに投入されるようになった。ネタカードがある日突然凶悪な即死コンボのパーツになるとは皮肉な話である。

その後、《偽りの名 ゾルゲ》《紅蓮の怒 鬼流院 刃》プレミアム殿堂超次元コンビに指定されて【紅蓮ゾルゲ】が消滅すると、メタゲームにおける価値は元に戻った。

その他 [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]