《カワモリデン/リーフストーム・トラップ》 [編集]

カワモリデン VR 自然文明 (3)
クリーチャー:グランセクト 3000
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
リーフストーム・トラップ VR 自然文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分のクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。その後、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DMRP-08で登場した自然グランセクトツインパクト

クリーチャー面はマナ召喚できる能力と、スマッシュ・バーストを持つ。
このクリーチャーマナ送りにすれば、次のターンにはマナゾーンから召喚出来るので、墓地送りにされない限りは永続的に能力が使える。

ここに《チキチキ・JET・サーキット》を置いてスピードアタッカー付与させれば、毎ターンたったの3マナで相手クリーチャーマナ送りに出来る。
《アークティック・ハッチャー》がいれば、自軍のクリーチャーマナ送りにする必要が無くなるので、攻撃の度に《ナチュラル・トラップ》を打てる状態になる。ガードマンパワーの貧弱なクリーチャー面を守れるのも、いざという時には心強い。
また、単なるアタックトリガーと違い呪文唱えた扱いになるため《ナ・チュラルゴ・デンジャー》とのコンボも可能。
クリーチャー面を持つので《トレジャー・マップ》でサーチすることもできる。

呪文面は《リーフストーム・トラップ》そのものだが、クリーチャー面が付いているので、あちらの上位互換となる。
手打ちも視野に入る軽量トラップではあるが、スマッシュ・バーストを繰り返し行う事に重きを置くべきだろう。

環境において [編集]

登場当初は相性の良さそうな【緑単ループ】も環境から姿を消しており、「強いが入るデッキがない」という状況であった。

ところが【ネイチャーループ】が成立すると、「軽量除去として使いながら自分のクリーチャーマナゾーンに送り、《侵革目 パラスラプト》などのマナ召喚マナ送りにしたクリーチャーを使い回す」という動きができることに注目された。

下がS・トリガーのため、【サンマックス】にも採用されることもあった。

クリーチャー面は自己マナ召喚できるのでいざという時のアタッカーとしても優秀。《BAKUOOON・ミッツァイル》スピードアタッカー付与させることで、アタックトリガーを発動させる際のタイムラグ(召喚酔い)という弱点も克服した。

アニメでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • 『デュエル・マスターズ 双極篇フルコンプリートBOOK2』によると、クリーチャー面のモデルはタカラトミー社員の川守田悠氏。他の社員からは「デンさん」というあだ名で親しまれているとのこと。

サイクル [編集]

DMRP-08で登場したベリーレアツインパクトサイクル
クリーチャー面はすべてスマッシュ・バースト持ち、呪文面はすべて過去のS・トリガー呪文をそのまま採用している。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]