《カンゴク入道(にゅうどう) [編集]

カンゴク入道 P 火文明 (2)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 2000+
自分のターンの終わりに、自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドが合計6つ以下であれば、このクリーチャーのパワーを+3000する。

DMEX-16で登場したの/デモニオ鬼札王国

2コストになった《白鬼ギャラガ》。ただし、シールド回収強制

コストが同じ《斬斬人形コダマンマ》が対抗馬になる。シールド回収が毎ターンあることに注意すれば、最高時のパワーが高いこちらが基本的には有利か。

《デュアルショック・ドラゴン》を絡ませた【速攻】では長ターンもつれ込むことが少ないので、《斬斬人形コダマンマ》《花美師ハナコ》との差異は本来なら発生しない。
明確な差別化点はシールド回収のタイミング。それらと違いターン終了ステップのため、S・バックによる召喚で《“罰怒”ブランド》コスト軽減数を稼ぐことが出来ない点には注意。
これが【赤黒邪王門】なら4ターン目以降が訪れる展開もままあるため、それらとの差異がより顕著になる。

環境において [編集]

1ターン目の《凶戦士ブレイズ・クロー》の召喚、2ターン目のこのクリーチャーの召喚から積極的に刻んで相手のシールドを削り、4ターン目の《GIRIGIRI・チクタック》《我我我ガイアール・ブランド》により革命0トリガー鬼エンドに対して余裕を持ってダイレクトアタックを狙う型の【我我我ブランド】DMBD-16DMBD-17期のチャンピオンシップ(アドバンス)を優勝した。

その他 [編集]

  • イラストでは軍服を着て日本刀を帯刀したデモニオが描かれている。刃を下に向けているが、よく知られる刃を上に向けた状態は江戸時代以降に確立されたものであり、デモニオのモチーフの鬼が登場していた時代である平安時代では刃を下に向けるのが正しいとされる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]