《カ・ラークチ・タンク》 [編集]

カ・ラークチ・タンク UC 自然文明 (5)
NEOクリーチャー:グランセクト 5000+
NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
自分のクリーチャーがこのターンはじめてバトルに勝った時、このターン、このクリーチャーのパワーを+8000し、「T・ブレイカー」を与える。

DMRP-05で登場したNEOクリーチャーグランセクト

自軍がそのターン始めてバトルに勝った時、8000のパンプアップと自身へのT・ブレイカー付与がもたらされる。
恐らくマッハファイターと組ませる為に作られたカードであろう。特に《オウ禍武斗・ライジング》《シュトルム・シェキナー》はこのカードへすんなり繋がるので相性が良い。
《あじさいさい》とは違って、別にNEO進化させなくてもよいのが利点。

しかし、緑単系統で狙ってこのカードのフルスペックを発揮する機会はほぼ無いので、【緑単サソリス】ではこれまで通り打点形成には大人しく《あじさいさい》あたりを使うと良いだろう。
打点ではこちらも負けてはいないため、専用デッキを作って活躍させたい。

  • 名前に「タンク」とあることから野菜戦車であることは間違いないが、野菜戦車のデザインルールとカード名から察するに、モデルは辛口の野菜カレー。調理済みの青果食品をモチーフにした野菜戦車は《ルツパーフェ・パンツァー》以来2例目となるが、正直元となった野菜の原形をとどめておらず、現実世界のスーパーマーケットで例えると青果コーナーではなく惣菜コーナーにあるような品目となっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]