《ガチャレンジ ガチャロボ》 節を編集

ガチャレンジ ガチャロボ  水文明 (8)
進化クリーチャー:グレートメカオー/ワンダフォース 13000
超無限GR進化:カード1枚以上を超GRの上から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。(カードはすべて裏向きのまま、見ないで置く)
T・ブレイカー
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下に重ねたカードを1枚見ないで選び、墓地に置いてもよい。そうしたら、GR召喚する。

DMEX-08で登場した進化グレートメカオー/ワンダフォース

超無限GR進化によって超GRから好きな分だけ進化元にして出せ、メテオバーンでランダムにカードを墓地に置いてGR召喚ができる。

新たに別の超GRゾーンを用意するようなもので、12枚すべてを進化元にすればそれこそ超GRの化身のようなクリーチャーとなる。
しかしこのクリーチャーからは毎ターン1回ずつしかGR召喚できず、コストが8なのも相まって効率が悪い。

このクリーチャーの真の利点は超GRを好きな枚数まで減らせること。
ゲーム中に除去されたGRクリーチャー超GRの下に溜まっていくため、このクリーチャーでそれら以外のカード進化元として超GRから離すことで、中身も順番も100%把握した超GRを強引に作り出すことができる
もちろん1枚だけ残せば、スーサイドが可能な限り同一のGRクリーチャーだけを延々と使い回すこともできる。

あるいはGR召喚のことは完全に忘れ、単純に『下準備せずに13枚のカードで構成できるクリーチャー』として運用するのもありだろう。
例えば《死神アトミック・デストロイヤー》を使えば13体破壊という全体除去にも等しい威力となる。
10枚超えのため《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》の進化元としても候補があがる。

ルール 節を編集

  • メテオバーンで墓地に置いたGRクリーチャーは状況起因処理によって、GR召喚する前に超GRゾーンに戻る。そのため、メテオバーンを使うために、あらかじめ超GRゾーンにGRカードを1枚以上残しておく必要はない。
  • 進化する時も、メテオバーンを使う時も、シャッフルの指示がない。さらにメテオバーンはカードの束から好きなものを1枚選べる。
    • つまり、進化する前にあらかじめ超GRの順序を把握した上で超GRを空にして進化すれば、狙ったGRクリーチャーをGR召喚できる。
  • 退化した場合、裏向きなのでGRクリーチャーをバトルゾーンに残すことはできない。

暫定回答 節を編集

  • メテオバーンは下のカードを1枚「見ないで選ぶ」能力である。もし、《時空工兵タイムチェンジャー》などで表向きのカードを《ガチャレンジ ガチャロボ》の下に送って、メテオバーンでそのカードを選ぶ場合、表向きになっているのでこのままだと「見ないで選ぶ」が成立しない。そのため事務局からは、表向きのカードを墓地に送る場合は、一旦そのカードを裏向きにしてから墓地に送るという暫定回答が出ている。しかし、既に見えているカードを裏向きにして墓地に送っているだけなので、事実上「見て選ぶ」のと相違はない。クリーチャーの下にあるカードは順番も入れ替えることはできない。
  • 《ガチャレンジ ガチャロボ》が除去されて下の裏向きのGRカードと共にバトルゾーンを離れた時、手札、墓地、マナゾーン(公開ゾーン)、表向きの状態でシールドゾーンに置かれた場合はGRカードの表面を見てから好きな順番で超GRゾーンに戻すことができ、山札、表向きの状態でシールドゾーンに置かれたり山札に置かれた場合はGRカードの表面を確認することができずに好きな順番で超GRゾーンに戻す。

その他 節を編集

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集