《ガチンコ・ジョーカー》 [編集]

ガチンコ・ジョーカー UC 闇文明 (6)
呪文
相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。
相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに手札に戻す。

DMR-07で登場したガチンコ・ジャッジ呪文
プレミアム殿堂入りした呪文《スケルトン・バイス》と同等のハンデスを行った後、ガチンコ・ジャッジを行い、勝てばこのカードを手札に戻せる。

《ロスト・ソウル》のように手札のカード全てを捨てさせることは出来ないが、その代わり1コスト軽くなっており、条件次第で複数回の使用も狙える。重いカードが多いコントロールデッキであればガチンコ・ジャッジにも勝ちやすく、使ったあと手札に握っておくことで相手の行動を縛ることができる。
新たなハンデスカードの代表格であり、人気の高い《ロスト・ソウル》《ガンヴィート・ブラスター》と比較してもそう見劣りしない。さすがにプレミアム殿堂入りした《ソウル・アドバンテージ》ほどぶっ壊れた強さはないが、上記のようにコントロールデッキではハンデスカードの有力な選択肢であり、需要は比較的多い。

  • とはいえ、このカードが使える状況では、相手の手札が少なくなっていることも多い。相手にとっては手札のキーカードを抜かれて一気に差がついてしまう危険もある。どんなデッキにも入るようなカードではない故に、《スケルトン・バイス》の恐怖が不意打ち気味に訪れることも。
  • この呪文の最大の強みは2枚のハンデスを可能とする凶悪な呪文を使い回し出来る所にある。この呪文を唱えてガチンコ・ジャッジに勝利した場合、相手は次も2枚ハンデスが来る可能性を考えてプレイしなければいけなくなるため書いてある事以上に相手に妨害を仕掛ける事が出来る。
  • 同コスト域には同じハンデス効果を持ち、かつ条件を満たす事で手札に戻せるという点でも共通する《強襲する髑髏月》が存在する。あちらは自分のクリーチャー破壊という、手札に戻すための条件を満たす準備をより確実に用意できる反面、フィールド上のディスアドバンテージを被らなければならないという点で劣る。
    • 裏を返せば、《ガチンコ・ジョーカー》は手札に戻せるかどうかは不確定だが、戻す際のディスアドバンテージが皆無に等しいという事である。どちらを重視するかはデッキと相談して決めたいところ。

サイクル [編集]

DMR-07に収録されているガチンコ・ジャッジで手札に戻る呪文サイクル。どのカードもギャンブルに関係する名前である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]