《ガルベリアス・ドラゴン》 [編集]

ガルベリアス・ドラゴン P 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の自然のクリーチャーがあれば、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
相手の水のクリーチャーがあれば、このクリーチャーはブロックされない。
相手の闇のクリーチャーがあれば、このクリーチャーに「スレイヤー」を与える。
相手の光のクリーチャーがあれば、自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

GBAソフトに登場したゲームオリジナルカード
バトルゾーンにある相手クリーチャー文明に応じて、様々な能力が付加される。

ゲームで登場した後に、コロコロコミック2004年4月号の付録としてプロモーション・カードが配布された。
このカードは通常のカードとは異なり裏面赤い色をしており、大会などでは使用できない

DMX-22にて通常のカードの仕様となって再録を果たした。こちらのカードは裏面が通常のものと同じとなり、公式大会公認大会で使用ができる。
テキストが整理されており、唯一任意だった由来のアンタップ能力強制効果に変更されている。

登場自体は聖拳編とかなり古いカードだが、素の状態でも6コスト7000のスピードアタッカーW・ブレイカーアーマード・ドラゴンとなる。

さらにバトルゾーンに相手の以外のクリーチャーがいれば、能力が追加される。
6マナ貯まった段階で相手がクリーチャーを出していない状況は滅多にないので、何かしらの能力は使うことができるだろう。

自然クリーチャーがいれば《青銅の鎧》のようなマナブーストができる。
クリーチャーがいればブロックされない状態となり、クリーチャーがいればスレイヤーを得る。
さらにクリーチャーがいればターン終了時にアンタップができ、殴り返しを防げる。
このように相手の文明の得意とする能力を模したものとなっている。

能力スピードアタッカーのこのクリーチャーとマッチしており、状況によってはうまく奇襲することができる。

多色クリーチャーが相手のバトルゾーンにあれば、1体で複数の能力が追加される。
ただし、多色クリーチャーには強力なものも多く、わざわざ相手が出してくれるのを待つのは危険である。オマケとして考えた方がいいだろう。

メリットのみの能力を取り揃えており、聖拳編期に登場したカードとしては破格のカードパワーである。
聖拳編当時は《ツインキャノン・ワイバーン》が現役だったことを考えれば、このクリーチャースペックの高さを理解できるだろう。
カードパワーインフレによって、このカードの使用が許されたといえる。

しかし、能力が相手に依存するため狙った行動が取りづらいのが難点。また単色無色デッキ相手には効果を発揮できない。

同コストには《爆竜 GENJI・XX》《鬼カイザー 「滅」》《ガイアール Re:》などがあり、スピードアタッカーとメリットを持った2打点ドラゴンというスペックは特別珍しいものではなくなっている。
それだけカードパワーインフレが進んだということだろう。

  • 使用可能になったカードとはいえど、プロモ版は公式大会公認大会では使用できないコレクション用にするか、カジュアルでの対戦で相手の許可を取って使用するといいだろう。こうして対戦する場合は、裏面の色で区別できないように裏面の見えないスリーブに入れて使うべき。なお、表面にも御丁寧にGBA ONLYの文字が書かれている。
  • カード名はゲームボーイアドバンスの略称「GBA」にちなんでいる。だが、英語表記は「Galberius Dragon」である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ガルベリアス・ドラゴン VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
光のクリーチャーがあれば、自分のターン終了時、アンタップする。
水のクリーチャーがあれば、ブロックされない。
闇のクリーチャーがあれば、「スレイヤー」を得る。
他の火のクリーチャーがあれば、「スピードアタッカー」を得る。
バトルゾーンに出た時、自然のクリーチャーがあれば、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

無条件だったスピードアタッカーが、自身以外の火のクリーチャーが必要になった。
しかし他の能力は、「相手に」という指定が消え、自分の各文明のクリーチャーでも能力を得るようになる強化を受けた。

バトルゾーンのクリーチャーがお互い含めてこの《ガルベリアス・ドラゴン》だけという状況でのみ、準バニラとなる。
能力をどれか1つ追加で持つだけでも十二分な性能になり、2つ、3つ…と能力が追加されればコスト論を大きく上回るスペックになる。

《コッコ・ルピア》からはきれいにつながり、4ターン目からスピードアタッカーになれる。この動きは今までは《紅神龍ジャガルザー》ターボラッシュでしかできなかった。

相手依存の部分があるとはいえ、ある程度環境が固まって来ると、相手のデッキタイプから期待できる追加能力が決まってくる。デッキビルディングプレイングではそのことも考慮するといいだろう。

  • 同じタイミングで発動する能力はターン・プレイヤーから先に解決していくため、《悪魔聖霊バルホルス》には注意。《ガルベリアス・ドラゴン》が光である《バルホルス》に反応してターンの終わりにアンタップし、それから《バルホルス》のアンタップクリーチャー除去が解決されるため、破壊されてしまう可能性がある。
  • 性能自体は極めて優秀だが、欲しい場面で得られる能力を持っていない場合も考えられるのは玉に瑕か。1コスト軽い《ツインキャノン・ワイバーン》としてデッキに採用したのに、火のクリーチャーがいなくて召喚酔いしてしまったり、火/水があることを前提として疑似《クリスタル・ランサー》(召喚酔いせず、ブロックされないW・ブレイカー)として採用したのに、火と水のクリーチャーがおらずそれができなかったりなどがありえる。
  • ボイスがかなりネタに走っている。
    • 召喚時の「古より参る…」は初出が聖拳編だが参戦が不死鳥編対応のDMPP-07まで遅れた事のネタ。
    • 効果発動時に「アドバンスの力を見よ!」と言う。自身がゲームボーイアドバンス出身であることを示すメタ発言だろう。
    • 断末魔「我が力は、既に過去の物か…」は、見方によってはDMX-22で漸く本家で使えるようになるも既に過去の遺産となってしまった現状を表しているように聞こえる。デュエプレ環境の基準ではまだまだ実用的な性能なのでなおさら。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]