《ガル・ラガンザーク》 [編集]

ガル・ラガンザーク P 水/闇文明 (8)
クリーチャー:ドルスザク/マフィ・ギャング 9000
夢幻無月の門:自分の魔導具クリーチャーを出した時、または自分の魔導具呪文を唱えた時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から合計4枚選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
ブロッカー
W・ブレイカー
呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
相手のターン中に、相手のクリーチャーが召喚以外の方法で出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。

DMEX-16で登場した/ドルスザク/マフィ・ギャング

虚無月の門に「自分の魔導具クリーチャーを出した時」という誘発条件を加えた新能力、夢幻無月の門を持つ。

呪文に対するアンタッチャブル能力に加え、クリーチャーの召喚以外のコスト踏み倒し着地置換効果で阻害するコスト踏み倒しメタ能力に、9000という高めのパワーを持つ。

踏み倒しメタ能力は、除去能力を持った《SSS級天災 デッドダムド》侵略《ボルシャック・サイバーエクス》革命チェンジも封じてしまうため、呪文に対するアンタッチャブル能力も相まって、序盤でこのクリーチャーをどかされることはそうそうないだろう。
たとえコスト踏み倒しを使ってこない相手にもアンタッチャブルブロッカーとして十分に働いてくれる。

踏み倒し条件にも比較的易しいため、無月の門虚無月の門と比べれば3ターン目に召喚しやすい。
序盤にこのサイズのコスト踏み倒しメタが出てくると処理が難しく、対象を選ぶ呪文が効かず、仮にクリーチャーのcipなどで破壊された(=まとめて墓地に置かれた)としても夢幻無月の門により魔導具1枚で一瞬で墓地から再着地ができてしまう。
構成カードが多いためマナ送りシールド送りをされても逆にアドバンテージになりうる長所もある。

登場時の環境を考えると【5色コントロール】に劇的に刺さる。除去呪文主体である上に、《聖魔連結王 ドルファディロム》による全体除去は無効。コスト踏み倒しメタ能力自体も《砕慄接続 グレイトフル・ベン》を使ったソリティアに劇的に刺さる。

  • 能力が無月の門の1種を持つことから本来の使用者はゼーロになる筈のカードだが、登場がEX弾かつ時期的に、現状の主人公側の一員として息子のゼーロJr.のカードとなっている。
    • 何気に闇文明で「使用キャラが親族関係を持ち、明確に能力を受け継いで使われるカード」としては初。ちなみに火文明は切札家のボルシャックまたはボルメテウス、光文明では輝家のチーム銀河(正確には前身の光の騎士団)。能力ではなく共通種族として水文明にはギャップキャップ兄弟のトリックスがある。
    • なお補足として、自然文明の親族関係はキーワード能力を持っていない上に使用カードが無い女王とももしかおらず、多色と無色は勝太とジョーという親族関係を持つが能力の受け継ぎと取れるか怪しい革命0と革命チェンジ(両者1例のみ)しか確認されていない。
  • ドルスザクだが、何故かカード名に「卍」を含んでいない。

環境において [編集]

DMEX-16発売前は、効果そのものは強力であることを認められつつも、多色故のマナタップインにより既存の【デ・スザーク】にも【青魔導具】にも相性が良くないと多くのプレイヤーの間で考えられていた。
しかしDMEX-16発売後は、チャンピオンシップでこのカードを投入したデッキが数多く入賞。瞬く間にトップメタの一角となった。

《卍 デ・スザーク 卍》と併用するとデッキ構築が難しくなるため、主に【青魔導具】の新戦力として採用されている。また、そもそものコンセプトをこのカードを継続的に展開することに特化させ、《卍 新世壊 卍》を全く採用しない【ガル・ラガンザーク】とでも言うべきデッキタイプも開発された。

【ガル・ラガンザーク】は《堕呪 バレッドゥ》などの青の魔導具呪文+《堕魔 グリギャン》などの黒の魔導具クリーチャーといった形を取る。
バトルゾーンのリソースを必要としないため、4ターン目《追憶人形ラビリピト》を出し、5ターン目魔導具夢幻無月の門を使った召喚でオールハンデスという動きも狙いやすく強力である。
《絶望と反魂と滅殺の決断》採用時は《ラビリピト》と魔導具クリーチャーの2体を出すことで《ラビリピト》が除去される隙を見せずオールハンデスも狙える。
一方で《ガル・ラガンザーク》に構築を寄せた【青魔導具】【青黒ガル・ラガンザーク】がCSで優勝や準優勝した事例も報告された。

ルール [編集]

夢幻無月の門は手札からも墓地からもコストを支払わずに召喚できるが、使用宣言時にはどちらか1つのゾーンからしか召喚することを選べない。

《ガル・ラガンザーク》が手札にある状態で、《堕魔 ザンバリー》を出した時または《堕呪 バレッドゥ》を唱えた時、使用宣言した手札の《ガル・ラガンザーク》を前述のカードの効果で捨てた場合、墓地にあるのは「使用宣言できていない《ガル・ラガンザーク》」となるので、夢幻無月の門は不発となる(類似例)。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《ガル・ラガンザーク》の下にあるカードを、相手の《堕呪 エアヴォ》の効果で選んで手札に戻せますか?
A.はい、戻せます。選ばれないクリーチャーの上下に構成されているカードは、カードを指定する能力や効果によって選べます。
引用元

Q.相手の《とこしえの超人》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《ガル・ラガンザーク》を「夢幻無月の門」で墓地からバトルゾーンに出す際、下に重ねる4枚はどうなりますか?
A.《ガル・ラガンザーク》のみがマナゾーンに置かれ、下に重ねる4枚は、元あったゾーンに残ります。
引用元