《キグルミ・チュリス》 [編集]

キグルミ・チュリス C 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 3000
このクリーチャーが攻撃する時、それがそのターンはじめての攻撃でなければ、バトルゾーンにある相手の、コスト5以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

DMRP-12で登場したビートジョッキー

そのターン2度目以降の攻撃という条件付きアタックトリガーで、コスト5以下を対象としたカード指定除去を放つ。
最近の環境ではGRクリーチャー除去するのに向いているか。

しかし、除去として考えると条件が厳しめであり、【赤単ブランド】で考えても4コストでスピードアタッカーも付かず1打点にしかならないのは微妙。
《DROROOON・バックラスター》を考えるとGR召喚程度は付いたデザインでも良かったが、コモンにそこまで求めるのは酷か。

主戦場はシールド戦。但し、能力の発動条件の厳しさを考えるなら、1ショットキル失敗時の保険として使うのがメインだろう。

  • フレーバーテキストでは仲間のチュリス達を助けるために奔走するキグルミ・チュリスの姿が。カードイラストには着ぐるみを着ながらホットドッグを両手に持ったチュリスが描かれている。フットワークに欠けるカードとしてのデザインそのままというべき、動きづらそうな印象である。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-12
    ゾンビ化現象にはチュリスたちの好物であるバッドドッグを与えてやれば治るということを、ついにマスターが突き止めた。配って回ろうとするマスターに対し、キグルミ・チュリスが「ここはボクに任せて、みんなを助けて!」と告げるのだった。

収録セット [編集]

参考 [編集]