《キャタピラ親方(おやかた) [編集]

キャタピラ親方 P(UC) 火文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000
J・O・E 1
スピードアタッカー
いずれかのプレイヤーがコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。

DMBD-03で登場したジョーカーズ

J・O・E1とスピードアタッカーを持ち、いずれかのプレイヤークリーチャーコスト踏み倒しを行った時そのクリーチャー破壊する能力を持つ。

スペックを一言でいうなら、《早撃人形マグナム》がコストが大きくなった代わりにJ・O・Eをゲットしたといった所か。
なるべくバトルゾーンに残しておきたいコスト踏み倒しメタシステムクリーチャーとしての一面と、使い切りのJ・O・Eがやや噛み合っていない。ジョーカーズのフィニッシャーたる《メラビート・ザ・ジョニー》との能力との相性も最悪。迂闊に踏み倒しができなくなり、また《キャタピラ親方》自体を踏み倒してやろうとしてもその瞬間に勝手に自壊してしまう。
そもそもジョーカーズの踏み倒しメタとしては鉄板の《洗脳センノー》の存在が。そうするとますますこのクリーチャーの存在意義が分からなくなる。

しかし、強力すぎて忘れられがちだが、《洗脳センノー》相手ターンにしかメタ能力を発揮しない。つまり防御性能は高いが、攻撃のサポート性能はお世辞にも高いとは言えないのである。
その隙を補うのが、この《キャタピラ親方》という訳である。
攻撃サポートに使うならより軽く強力な《単騎連射 マグナム》が存在するものの、種族や文明は非常に重要。《メラビート・ザ・ジョニー》軸のジョーカーズデッキに《単騎連射 マグナム》が入るかと言われると必ずしもそうではない。それならこの《キャタピラ親方》を入れる選択肢もあろうものである。

コスト5以上でスピードアタッカーを持ち、J・O・Eコスト軽減できるジョーカーズとして、《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》革命チェンジ元としての活躍が期待できる。《チキン・タッ太》と比較すると、革命チェンジしなくても、J・O・Eを使わずバトルゾーンに残せばコスト踏み倒しメタとして運用できる。両方とも採用のも手である。

  • フレーバーテキストには「引かれても」とあるが、このクリーチャーが重械型クリーチャーであることを考えると本来は「轢かれても」と書くべきところを誤植したのだと思われる。
  • アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」では、爆発した喫茶たきがわを建て直す為に切札 ジョーが創造。しかし、執筆中に雑念が交ざったため建てるもの全てがラーメン屋風になってしまう。
    「デュエル・マスターズ!」6話では無人島で雨を凌ぐためラーメン屋を建ててもらう。だが、トイレの内装までラーメン屋となってしまった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMBD-03
    オウ、オレのゆく道を邪魔するとあぶねぇぜ。飛び出したヤツはオレに引かれても文句言うなよ。 ― キャタピラ親方

収録セット [編集]

参考 [編集]