《キング・ザ・スロットン》 [編集]

キング・ザ・スロットン SR 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 7777
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。それらが3枚ともジョーカーズであれば、その中からクリーチャーを1体バトルゾーンに出してもよい。その後、残りの2枚の中から、それと同じコストのカードをすべて手札に加えてもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

デュエル・マスターズ新時代フルコンプリートBOOK2の付録として登場した無色ジョーカーズ

cipで自身のトップ3枚を表向きにしてそれらが3枚ともジョーカーズであればその内の1体をコスト踏み倒しでき、さらにそれと同じコストカードをすべて手札補充できる。

少々分かり辛いテキストだが、つまりは表向きにしたカードの中にジョーカーズでないカードが1枚でもあればその3枚を山札の下に送るだけで効果は終わりである。ところが表向きにした3枚がすべてジョーカーズであり、かつすべてコストが同じカードであれば非常に大きなアドバンテージを得ることができる。

コスト踏み倒し手札補充のどちらも任意効果である。だが、コスト踏み倒しを行わなかった場合、コストが指定できないので手札補充も行えない。
3枚ともジョーカーズであったとしてもその中にクリーチャーが1体もなければカードを選ぶ事が出来ず、すべて山札の下に送られてしまう。
手札に加えるカードジョーカーズであれば呪文であっても手札に加えられる。ただし、この直前にコスト踏み倒しをしたクリーチャーと同じコストカードが1枚もなければ、やはり山札の下に送られる。意外とシビアである。
手札補充を行うかは任意効果だが、手札に加える枚数までは選べない。残る2枚のコストが同一だった場合、片方だけを手札に加えるという事はできない。

《キング・ザ・スロットン7/7777777》と8枚体制にすると《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョラゴン・ビッグ1で連鎖的に互いを踏み倒すことが期待できる。《ガヨウ神》殿堂入りを受けてそのような型が模索されたこともある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]