《キング・ポセイドン》 [編集]

キング・ポセイドン VR 水文明 (7)
クリーチャー:リヴァイアサン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを2枚引いてもよい。

DM-01で登場したリヴァイアサン
cip能力で2ドローすることができる。
DM-01フォイルカードの中では比較的コストパフォーマンスがよい。

バトルゾーンアタッカーを残しながらドローできるため、効率は良い。
ある程度のパワーはあるが、W・ブレイカーを持たないのは大きなデメリット
7マナ圏はフィニッシャーの激戦区なので、そこに割って入るのは難しい。

DM-01期環境はバニラ準バニラでの殴り合い、ごり押しがメインであったため、そもそも7コストと重いこのカードが出る前にフィニッシュが成立するのがざらであった。

とはいえ、最初期のカードに多くを期待し過ぎるのは酷か。

重めドローソースクリーチャーとしては、自然との多色であるとはいえ《剛撃戦攻ドルゲーザ》が台頭した時代もあったが、自らコスト軽減が可能なそちらすらインフレに負けていることから、採用は困難であろう。

  • ポセイドンとは、ギリシア神話における海を司る神のことである。
  • タカラトミー (当時はタカラ) が展開したTVアニメ「トランスフォーマー 超神マスターフォース」(1988年放送) には “海洋生物” がモチーフのロボット6体が合体する同名の超巨大キャラ (正確には「キングポセイドン」表記) が登場する。
  • デュエル・マスターズ プレイスではDMRP-01で登場。パワーが1000下がった代わりにコストが1軽くなる調整を受け、プレイス環境では使用に値するカードとなった。レアリティもやや控えめのレアになっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]