《キング・マニフェスト》 [編集]

キング・マニフェスト KGM 水/自然文明 (7)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 11000
<バズレンダ>[無色(3)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(3)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(3)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札をシャッフルし、上から1枚目を表向きにする。それがクリーチャーなら、コストを支払わずに召喚してもよい。呪文なら、コストを支払わずに唱えてもよい。
マッハファイター
W・ブレイカー

DMRP-14にて登場した/自然トリックス/チームウェイブ

マッハファイターW・ブレイカーBR能力コスト踏み倒しを行える。

《ホーガン・ブラスター》に似た能力だが、こちらは召喚扱いなので、《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》を回避しつつゼニス等の召喚限定cipも発動可能な反面、《時の革命 ミラダンテ》といった召喚制限にひっかかるのが特徴。

ランダムとはいえ、デッキの組み方によっては当たったカードでゲームエンドを狙うこともできるので、バズレンダが1回でも使う価値はある。
マナを貯めるよりは、コスト踏み倒しを積極的に用いるのが良いだろう。

  • コスト7以下なので《ナウ・オア・ネバー》で踏み倒せる。ただこの場合は当然着地はしないのでマッハファイターとしては使えず、コスト踏み倒しも1回のみである。
  • 表向きにしたものが、クリーチャーでも呪文でもなかった場合、あるいはコスト踏み倒ししない・できない場合、裏向きにして山札の一番上に戻す。
    • ツインパクトの場合はクリーチャーとして召喚するか、呪文として唱えるかのどちらか、あるいは何もしないかを選べる。
  • マニフェストとは「公約」という意味。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《キング・マニフェスト》の「バズレンダ」で追加コストを1回支払い、マーク能力が2回使える状況です。1回目のマーク能力を解決して《二角の超人》が表向きになり、そのまま召喚してバトルゾーンに出しました。この時、2回目のマーク能力を解決する前に《二角の超人》の「バトルゾーンに出た時」の能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。「バズレンダ」はマーク能力を全て解決するところまでが一連の処理になります。マーク能力の解決が全て終わった後、それによって新たにトリガーした能力の解決を行います。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《つぶやきブルーバード》がいる状況で、《キング・マニフェスト》を「バズレンダ」の追加コストを支払わずにバトルゾーンに出しました。《キング・マニフェスト》のマーク能力を使い、《二角の超人》を召喚してバトルゾーンに出した後、《二角の超人》の「バトルゾーンに出た時」の能力と《つぶやきブルーバード》の能力は、どちらを先に解決しますか?
A.好きな方を選んで先に解決します。《つぶやきブルーバード》の能力は、「バズレンダ」のマーク能力を使った時にトリガーする誘発型能力です。《キング・マニフェスト》の能力を使った後で、トリガーし待機している能力が複数あるので、それらを好きな順番で解決します。
引用元

Q.《キング・マニフェスト》の能力で、クリーチャーでも呪文でもないカードを山札の上から表向きにした場合、そのカードはどうなりますか?
A.山札の上に置いたままです。効果の処理が終わった後、表向きにしたカードは裏向きに戻します。(総合ルール401.5.)
引用元

Q.《キング・マニフェスト》の能力で《アストラル・リーフ》を山札の上から表向きにしました。進化元にできるクリーチャーがバトルゾーンにいないのですが、表向きにした《アストラル・リーフ》はどうなりますか?
A.山札の上に置いたままです。効果の処理が終わった後、表向きにしたカードは裏向きに戻します。(総合ルール401.5.)
引用元