《キング・レムリア》 [編集]

キング・レムリア SR 水文明 (14)
クリーチャー:リヴァイアサン 14000
バトルゾーンに出た時、相手のアンタップしているクリーチャーをすべて手札に戻す。
自分のクリーチャーはブロックされない。
T・ブレイカー

DMPP-08EXで登場したリヴァイアサンゲームオリジナルカード

《キング・アトランティス》を連想させるバウンス能力を持つ大型リヴァイアサンだが、対象が相手のアンタップ状態のクリーチャーに限定されており、《レジェンダリー・バイロン》のように自軍全体にアンブロッカブル付与するようになった。

14マナと非常に重く、インビンシブル呪文のようなコスト軽減能力も持たない為、《インフェルノ・ゲート》《インビンシブル・テクノロジー》などのコスト踏み倒しとの併用が望ましい。
特に【青単テクノロジー】 での新たなフィニッシャー候補となりえる。

《キング・アトランティス》よりコストが重いが、どちらにせよ実戦で素出しはほぼ不可能なのであまり気にならない。むしろ、《キング・レムリア》が手札にあれば相手が《解体人形ジェニー》を出してきたときに、《インビンシブル・テクノロジー》ハンデスされずに済むのはメリットとも言える。

  • レムリア(Lemuria)はインド洋に存在したとされる伝説上の大陸。元々は地質学における仮説上の存在だったが、オカルティストによって様々な伝説が付与された。
    • 伝説上の大陸という点でアトランティスとの関係性を窺わせる。また、レムリアはムー大陸の起源であるという伝説を持つとされる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-08EX
    深淵より、神の存在すら脅かす強大な存在が浮上しようとしていた。その名はレムリア。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]