《ギガジャドウ》 [編集]

ギガジャドウ R 闇文明 (8)
クリーチャー:キマイラ 14000
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをすべて墓地に置く。このようにして墓地に置いたシールド1枚につき、相手は自身のクリーチャーを1体選んで破壊し、それができない場合、このクリーチャーは相手のシールドを1枚ブレイクする。
T・ブレイカー

DM-34で登場した大型キマイラ
多彩なスーサイド能力を特徴とする文明カード群においても、一際異彩を放つcip能力を有する。

自分のシールドを全て墓地に置くのはこれ以上ないほどのデメリットだが、こうして墓地に置いたシールド一枚につき《生命剥奪》の上位とも呼ぶべき効果を発揮する。
自身のシールド5枚全てが健在であったならば、5回連続で使用出来る事になる。

出した側のシールドは「すべて墓地に置かれる」一方で、相手のシールドは「ブレイク」扱いであることに注意。
cip能力の解決時に手札が増え、そのカードのS・トリガーを即座に使える《黒神龍ブライゼナーガ》とは異なり、能力使用後の膨大な隙をニンジャ・ストライクS・トリガーで守ることができない。一方、相手側は普通にブレイクされたシールドのS・トリガーを使うことができるため、うっかり《アクア・サーファー》などのバウンスクリーチャーを踏むとそのまま負けにつながる事も。

また、シールドが残っていないと効力を発揮せず、コストの重さもあって相手のクリーチャーやシールドを破壊しきれない事もある。

パワー14000でT・ブレイカーという「大きさ」は魅力だが、能力にクセが強すぎて魅力がスポイルされてしまっている。総じて上級者向けのカードであり、このカードを使いこなすにはデッキ構築の段階からかなりの手腕を要するだろう。

相性の良いカードについて [編集]

  • シールドを増やす効果と相性がいいため、《英霊王スターマン》によって増えすぎたシールドを消費するにはうってつけ。このクリーチャーを召喚して自分のシールドがなくなった後でも、《スターマン》の効果で追加することで保険となるだろう。
  • 《デジロン》で呼び出してみるのもいい。タイミングが難しいが、うまくいけば突然の逆転もあり得る。
  • 互いのシールドを一気に減らせるため、革命鬼タイムとも高相性。
  • 《極幻空 ザハ・エルハ》はこのカードのサポートとして格別の相性の良さを誇る。あちらの置換効果によりシールドを墓地に送る必要がなくなり、その上でシールドの枚数分効果を適用できる。

その他 [編集]

  • テキストではやや分かりづらいが、「相手が自身のクリーチャーを1体選んで破壊できない場合」1回につき1枚のシールドをブレイクできる。つまり自分のシールドが4枚、バトルゾーンにある相手のクリーチャーが1体の場合、このクリーチャーは3枚のシールドをブレイクする。
  • このクリーチャーのcip能力によるシールドブレイクは1枚ずつシールドを指定して行われるが、通常の攻撃によって複数枚シールドをブレイクする際とは異なり、すべてのシールドがブレイクされるまではS・トリガーS・バックを使うことができない。《ギガジャドウ》のcip能力がすべて解決されるまで、別の能力であるS・トリガーS・バックを解決できないため。
    S・トリガーやS・バックを使いたい場合、そのシールドが手札で他のカードと混ざらないようにしておく必要がある。
  • 《獰猛なる大地》《父なる大地》には要注意。デメリットを相手に良いように利用され、状況次第では一気に勝負を決められかねない。《獰猛なる大地》は一応殿堂入りしているが、一度決められたらアウトである。
  • イラストをよく見ると、3つある頭の内2つが「獅子」「草食動物の頭骨」であることがわかる。これは、キマイラ種族の元ネタである「ギリシャ神話のキマイラ」の頭(獅子・山羊・蛇)と内容が近く、ゲーム作品等のキマイラ系モンスターのデザインとしてよく採用される組み合わせである。「邪道」という名前を持ちながらある意味「王道」な姿をしているという、中々皮肉のきいたデザインとなっている。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《極幻空 ザハ・エルハ》がある状況で《ギガジャドウ》をバトルゾーンに出しました。シールドを墓地に置く際にとどまりますが、置こうとした枚数と同じ数だけクリーチャーを相手に選ばせることはできますか?
A.はい、置こうとした枚数と同じ数、新しくクリーチャーを選ばせます。(総合ルール 609.1[1]
引用元


[1] 609.1. 継続的効果の一部は、置換効果でありえます。置換効果はイベントが発生する際に継続的に適用されます。事前に固定されるわけではありません。この種の効果は置換対象となる特定のイベントを待ち、その効果の全部あるいは一部を他のイベントで置換します。これはその影響を及ぼすものに対する「盾」のように機能します。