《クラウド・メイフライ》 [編集]

クラウド・メイフライ UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 2000+
自分のマナゾーンがすべて自然のカードであれば、このクリーチャーのパワーは+4000され、「W・ブレイカー」を得、パワー5000以下のクリーチャーにブロックされない。

DM-14で登場したジャイアント・インセクト

緑単、またそれに準ずるデッキの主力となっていたクリーチャー
自然単色ならばコスト4の《ゼノ・マンティス》となり、コスト論を大きくオーバーしている。

かつての緑単ではメインアタッカーとしてよく使われた。《フェアリー・ギフト》で2ターン目に召喚できるコスト4のクリーチャーの中では、《レベリオン・クワキリ》《ホップステップ・バッタン》と並んで採用率が高かった。

ただし、2ターン召喚が強力なカードである反面、ただでさえ手札補充手段の乏しい緑単で、序盤から《フェアリー・ギフト》と共に手札が2枚も消費するので、当然高いリスクを抱える事になる。
その最たるものが《デーモン・ハンド》《アクア・サーファー》等のS・トリガー除去召喚だけで多くのカードを消費してしまうため、一度場から離れると再び攻め込むのが困難になってしまう。このリスクが重くのしかかり、環境上位に上ることはなかった。

革命編から高速化環境に入ると、手札消費の激しい2ターン目2打点の魅力はどんどん薄れていき、《フェアリー・ギフト》殿堂入りしたため、環境での活躍は絶望的になった。

  • フレーバーテキストはこのクリーチャーの獰猛さと食欲を示した内容。使われていた当時のプレイヤーの感覚としては、《フェアリー・ギフト》で激しく手札消費するので持ち主も(手札に)飢えてしまう、といったところか。

サイクル [編集]

DM-14マナゾーンがすべてその文明カードならば効果を発揮するクリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]