《クラゲン》 [編集]

クラゲン C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード/オリジン 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中から進化クリーチャーを1体選び、相手に見せてもよい。その後、山札をシャッフルして、選んだクリーチャーを山札の一番上に置く。

DM-33で登場したサイバーロード/オリジン

cipで擬似的に進化クリーチャーサーチできるウィニー

自身がサイバーロード/オリジンなので、進化元としての運用には申し分なく、更に自身の能力進化クリーチャーを呼んでこられるので、非常に進化しやすい。
手札は増えないが、山札の上に移動してくるので、《アクア・ベララー》ガチンコ・ジャッジなど妨害手段が多くはないのもポイント。
ドローとは違い、返しのターンハンデスを受ける心配が無いのも嬉しいところである。

このクリーチャーから進化することはできないが、《マリン・フラワー》などからすぐ進化させられる状況であれば、《アストラル・リーフ》を呼ぶのが最も有効。
ハンデスもされないので、安全に3枚ドローできる。
そうでなくとも《アストラル・ラッシュ》《エンペラー・ヒミコ》を呼び出し、このクリーチャーを進化させるだけでも十分。
【サイバー青単】の新たな進化元としてお呼びがかかることも期待できる。

  • テキストからは分かりにくいが、進化クリーチャーをサーチした場合は、必ず相手に見せなくてはならない。相手に「見せてもよい」と書かれているが、実際は「選んでもよい。選んだ場合、見せなくてはならない」ということである。こうしないと進化クリーチャー以外も持ってこれてしまうので、ある意味当然と言える。《土隠雲の超人》についても同様である。
  • DM-33版のフレーバーテキストは「崖の上のポニョ」のキャラクターのセリフが元ネタだろうか。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

クラゲン R 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード 1000
バトルゾーンに出た時、自分の山札から水の進化クリーチャーを探索し、1枚を公開してもよい。その後、山札をシャッフルし、公開したカードを山札の一番上に置く。

レアリティレアに昇格。サーチできる進化クリーチャー限定になり、オリジン種族が消去された。

DMPP-05現在、このクリーチャーでサーチできそのまま進化元にできる進化クリーチャーは、《エンペラー・ジュニア》《英霊王スターマン》《蛇魂王ナーガ》の3種である。

  • 範囲が狭くなっているがコストとパワーは据え置きである。《パッピ・ラッピー》と比較するとやや疑問が残る。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]