《クリクリ・イガラーズ》 [編集]

クリクリ・イガラーズ P 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ/アンノイズ 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンにタップして置く。
►クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。

DMX-11で登場したワイルド・ベジーズ/アンノイズ
マナ回収マナブーストを選んで行える。

比較対象に上がるのはやはり《ビクトリー・アップル》
あちらはマナブーストマナ回収を両方使う事ができる上に素のパワーも高く、ブースト能力はこちらよりも優秀。
一方こちらはフォートEではないためデッキの採用種族マナゾーンの状況に左右されずに回収ないしはブーストが行えるのが利点。
ドラゴンおよびワイルド・ベジーズを多数採用するデッキならあちらが優秀だが、そうでないデッキならばこちらにも採用の余地は十分にあるだろう。

  • クリの花言葉は「贅沢」。確かに2コストにしてモードで2つの効果の内1つを選べるというのは贅沢である。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-11
    軍団劣勢のピンチに、同じ木の実族としてクリクリ・イガラーズが駆けつけた!

収録セット [編集]

参考 [編集]