《クリムゾン・コミューン》 [編集]

クリムゾン・コミューン UC 火文明 (3)
呪文
S・トリガー
種族をひとつ選ぶ。バトルゾーンにある、選んだ種族の自分のクリーチャー1体につき、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体、破壊してもよい。

DM-19で登場したコミューン呪文ブロッカー破壊
種族を固めていれば《クリムゾン・ワイバーン》のように使えるカード
ティラノ・ドレイクドラゴノイドなどで攻める【速攻】系のデッキには合う。

文明ブロッカー破壊呪文といえば《火炎流星弾》が有名だが、こちらはデッキの構成次第で複数体破壊でき、パワーの指定がないのが利点だと言える。ただしそちらと比べてコストが2重くなった点、味方クリーチャーが一体もいないと使えない点で劣る。

単にS・トリガー付きのブロッカー全体除去なら《超爆デュエル・ファイアー》があり、同じ3コストでもマナブーストも兼ねる《メテオ・チャージャー》クリーチャーの残る《ハンマー野郎 オニドツキ》など、より汎用性の高いブロッカー破壊の登場もこのカードにとっては向かい風となっている。
しかし、大量展開のできる種族デッキならまだまだ差別化は可能だろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

クリムゾン・コミューン C 火文明 (3)
呪文
S・トリガー
自分の最多種族を持つクリーチャーの数だけ、ランダムな相手の「ブロッカー」を持つパワー6000以下のクリーチャーを破壊する。(最多種族が複数あるなら、そのうちのひとつの種族を参照する)

パワー制限と対象のランダム化でTCG版から大きく劣化した。

多くの場合《火炎流星弾》で事足りる。《クリムゾン・コミューン》は《火炎流星弾》よりコストが2重いので、1体だけブロッカーを倒せれば良いという状況なら劣悪なコストパフォーマンスとなる。
パワー6000以下のブロッカーが、こちらの最多種族以下の数ならランダム化は気にならない。《ヘブンズ・ゲート》から出された《悪魔聖霊バルホルス》《血風聖霊ザーディア》を一掃できれば上出来だろう。
ただ、《ザーディア》はcipで割り振り火力を持っているため、最多種族のクリーチャー数は削られやすいので注意。

このカードの数少ない利点は、アンタッチャブルブロッカーである《光器ユリアーナ》を最軽量タイのコストでブロッカー破壊できること。
また、《護法の精霊アムシオン》アンタッチャブルになったパワー6000以下のブロッカーも破壊できる。
コスト2以下のカードでは《ユリアーナ》は倒せないが、コスト3だと《封魔ヴィネス》でも《ユリアーナ》を倒せる。

  • 「最多種族」についての詳細は「コミューン」を参照のこと。

サイクル [編集]

DM-19DMPP-07コミューン呪文

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]