《グリングル・バインドル》 [編集]

グリングル・バインドル UC 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のアンタップしているクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。

DMRP-05で登場した呪文
S・トリガーを持ちアンタップしている相手のクリーチャー1体をシールド送りにする。

アンタップさえしていれば進化クリーチャーすらシールド送りにできる点は優秀。従来のシールド送り呪文にはあまり見られなかった性能である。
ただ、進化クリーチャークリーチャーの下にカードがある場合は、1枚1枚別々のシールドとなるので、利敵行為になりかねない。

こちらがむやみにシールドを割らなければ、相手が能動的にシールド回収する手段を持たない限り再利用は不可能である事はメリット。しかし、タップされているクリーチャーは選べない点や、相手の防御力が上がり、上記のようにカードが重なっているクリーチャーほどさらに上がるという点がデメリットとして挙がった上で6コストとなると、他文明《幾何学艦隊ピタゴラス》《古龍遺跡エウル=ブッカ》《デス・チェイサー》にやや見劣りする。

同じシールド送りでも、同弾の《ヘブン・デ・エンドレーサ》からツインパクトS・トリガーに変わったと考えても、+2コストと範囲の縮小がかかるのでややコストパフォーマンスが悪い。

S・トリガーをメインに使う場合は、《パニック・ルーム》などと枠を争うことになるか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]