《ゲット・ザ・フューチャー》 [編集]

ゲット・ザ・フューチャー R 火文明 (3)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分の手札を1枚捨て、その後、カードを1枚引く。その捨てたカード以下のコストを持つ相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMRP-19で登場した呪文

1ドローが付いた代わりに、破壊できるクリーチャーが1体だけとなった、《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》のような性能。
手札を減らさないディスカードとしての役割を果たしつつ、盤面処理も行える。

手札の質を上げつつ、コスト火力を放てるので単純なカードパワーが高い。
【ドギラゴン閃】のような手札交換コスト踏み倒しメタへの対処を重視するデッキでは重宝するだろう。

  • カード名は《小さな勇者ゲット》と、タイムマシンを活用するSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をかけ合わせたもの。
    イラストには《小さな勇者ゲット》《薔薇公爵ハザリア》が描かれている。
    • この2人は背景ストーリーを描いた漫画「D・M激王伝ゲット」にて、友情を結んだものの、ハザリアが闇文明のスパイであったために争わざるを得なかった関係として描かれていた。そんな2人の再会はまさに奇跡的な未来であろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-09
    時空の穴は、12番目の王を呼び寄せたというだけにとどまらなかった。本来出会うはずのない時空が奇跡的な確率でつながった結果、勇者はかつての友人との再会という未来をつかんだのだった。

収録セット [編集]

参考 [編集]