《ゲロ NICE(ナイス)・ハンゾウ》 [編集]

ゲロ NICE・ハンゾウ UC 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-6000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
相手の呪文の効果または相手のクリーチャーの能力によって、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに置いてもよい。

DMX-04で登場したデーモン・コマンド/ハンター

《威牙の幻ハンゾウ》ハンター化したクリーチャー。相手にハンデスされた時に場に出るマッドネス持ち。
本家と同じ手札に関連する能力だが、その性質は真逆。
本家はニンジャ・ストライクであるためハンデスに弱いが、こちらはハンデスされた時に場に出るためハンデスに強い。

弱くはない能力だが、マッドネス能力が相手のハンデスでのみしか反応しないため、完全に相手依存になっているのが痛い点。
ただ、その分相手にハンデスを躊躇わせることができるため、そういう観点で見るとよいとも言える。
デーモン・コマンドハンターで除去能力を持つため、【連デモ】においてもハンデス対策兼コスト踏み倒し対象として良い活躍をするだろう。

比較対象としては《狼虎サンダー・ブレード》など。あちらは打点が高いが、こちらはハンデス耐性がある。
また、《インフィニティ・ドラゴン》《光器パーフェクト・マドンナ》など、場合によってはパワー低下の方がいい場面もあるため、単純な確定除去に劣っているともいえない。

  • 名前の意味は《威牙の幻ハンゾウ》をハンデスで墓地に送ろうとしたら、それが偽物(NICE:ニセ)だったという意味だろう。
  • 元となった《威牙の幻ハンゾウ》と何かと比べられる事が多いが、持っている能力の関係上、あちらとは運用法が異なってくるため、単純に比較はできない(そもそも元殿堂入りカードと比べる事自体酷な話ではあるのだが…)。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]