《ゲンムエンペラー <ヘヴィ.Star(スター)>》 [編集]

ゲンムエンペラー <ヘヴィ.Star> VR 闇/火文明 (13)
スター進化クリーチャー:∞ドラゴン/ゴッド/レクスターズ 39000
G・ゼロ:バトルゾーンにリンクしているゴッドがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スター進化:レクスターズ、闇のクリーチャーまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)

DMEX-17で登場した/∞ドラゴン/ゴッド/レクスターズ

13というかなり大きめのコストだが、リンク中のゴッドを条件としたG・ゼロを持つ。

場に出た後は事実上の《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》スター進化版のような性能となる。奇襲性は非常に高く、G・ゼロ条件からして隣にリンクしているゴッドが存在していることは確実であり、ワンショットキル打点をお手軽に用意できる。
リンク状態のゴッドは疑似的な除去耐性を持つため、ダイレクトアタックまで持ち込める確率はそれなりに高い。

また、スター進化にありがちな進化元が用意しにくい欠点も工夫次第で解消可能。
例えばリンク前のゴッドは《神の裏技ゴッド・ウォール》で除去耐性を付与できる。
他にはゴッドのコストを軽減する《ゴッド・ルピア》《聖邪のインガ スパイス・クィーンズ》がいれば、一ターンでリンクするまで並べる事も可能。おまけにこれら2枚はこのクリーチャーの進化元にもなる。

このクリーチャー自身もゴッドなので、《神誕の大地ヘラクレス》で引っ張り出してやるのも良い。

G・リンクを早期に達成できるゴッドには以下のカードがある。
このクリーチャーはG・ゼロで召喚する事が前提の為、安定した使用には進化元となる、もしくはのどちらかが含まれていれば良い。

《千刃の武象ギリトラワンガ》3マナ。火・自然。
リンクするとW・ブレイカーに。
《神帝ムーラ》3マナ。闇のみ、もしくは闇・水。
《神帝マニ》とリンクして手札補充《神帝ヴィシュ》ならハンデス
《神王オセロー》3マナ。火・自然。
《神王リア》とリンクでマナ加速し、そのターン中はブレイク数が一枚追加。
《起源神ニュートロン》3マナ。闇・水、もしくは闇・光、または闇・水・光。
最軽量でリンク相手が多い。
S・トリガーを充実させれば上側のリンクパーツ抜きでも戦力になる。
《真滅右神ラウドパーク》4マナ。闇、もしくは闇・光、または闇・無色。
こちらもリンク相手が多い。
墓地肥やしを持つので後述の《暗黒破壊神デス・フェニックス》とも合わせられる。
《暗黒破壊神デス・フェニックス》4マナ墓地進化V。火・闇。
墓地肥やしアタックトリガーを行う必要はあるが、4コストでG・リンクを達成できる。
《極限龍神メタル》ランデスでテンポを奪い、相手のターンを凌ぎたい。

仮にこのクリーチャーがハンデスコスト踏み倒しメタに睨まれて進化出来ない状況だったとしても神帝の完成など、G・リンクによるゴリ押しも考慮して構築すべきだろう。

  • リンク中のゴッドから進化すると、リンクは解除されてこのクリーチャーの下に置かれる。その後このクリーチャーが除去されて進化元が残ってもリンクは解除されたままなので注意。

収録セット [編集]

参考 [編集]