《コスパンダメソッド》 [編集]

コスパンダメソッド SR 水文明 (7)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 9000
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を4回以上使った場合、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

DMRP-13で登場したトリックス/チームウェイブ

cipおよびバズレンダで相手クリーチャーバウンスし、それを4回行うと追加ターンを得られる能力を持つ。
4回もバウンスすれば相手の場はほぼ一掃できる上、追加ターンによってS・トリガーによる反撃も怖くない。すかさず総攻撃すればほぼ必勝だろう。

追加ターンを得るためにはバズレンダを追加で3回以上行う必要がある。コスト軽減が無い場合、単純に13マナ必要である。

《ドルツヴァイ・アステリオ》を使えば6→13のマナカーブ下にて追加ターンを得ることができる。

事前評価は、「13マナ溜めるのはきつい」という理由で不評だったが、他のバズレンダ能力を持ったクリーチャーによって意外と簡単に13マナ以上溜まるようになったため、発売直後は【白青緑バズレンダ】でよく使われるようになる。

ルール [編集]

  • 暫定回答だが、《Dの機関 オール・フォー・ワン》Dスイッチなどを使えば、BR能力自体を使う回数が2倍になる。このため、追加コストを1回だけ支払うだけでBR能力を4回使え、追加ターンを得ることができる。さらには追加ターン獲得能力も倍加するため、9コストで2ターンの追加ターンを得る強力なコンボとなる。
    • 《Dの機関 オール・フォー・ワン》などはcipを2つ以上持つクリーチャーに使った場合、すべてのcipを2回分トリガーさせられる。
      「■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、<バズレンダ>処理」
      「■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、条件付きで追加ターン獲得」
      と、cipが途切れているが、問題なく倍化させることができる。
  • 追加ターンを得られるのは、バズレンダ能力を4回使ってからである。もし、追加ターンを得たくなければ、バズレンダ能力を1度も解決しないうちに、追加ターンを得る能力を先に解決して不発に終わらせることができる。
    • 「BR能力→BR能力→EXターン→BR能力→BR能力」のような順番では解決することはできない。「バズレンダ」は、マーク能力を全て解決するところまでが一連の処理になる。
  • 勘違いしてはいけないのが、追加ターンを得る能力はバトルゾーンに出た時にトリガーする能力であって、バズレンダを4回使った時にトリガーする能力ではないため、追加コストを7回以上支払ってバズレンダ能力を8回以上使っても、追加ターンを2回以上得られるということはない。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.追加コストを1回支払い、《コスパンダメソッド》の「バズレンダ」のマーク能力を合計2回使える状況です。1回目で手札に戻したクリーチャーが「バトルゾーンを離れた時」に誘発する能力を持っていた場合、2回目のマーク能力と「バトルゾーンを離れた時」の能力はどちらを先に解決しますか?
A.2回目のマーク能力を先に解決します。「バズレンダ」は、マーク能力を全て解決するところまでが一連の処理になります。
引用元

Q.《コスパンダメソッド》の「バズレンダ」で追加コストを3回支払い、マーク能力が合計4回使える状況です。しかし、相手のバトルゾーンにはクリーチャーが2体しかいませんでした。このように、相手のクリーチャーを4体手札に戻せない場合でも、もう一度自分のターンを行えますか?
A.はい、行えます。クリーチャーを手札に戻せなかったとしても、マーク能力を使ったことにはなります。
引用元