《コボルン》 [編集]

コボルン UC 水文明 (5)
クリーチャー:サイバーロード/ハンター 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、バトルゾーンにあるクリーチャーを2体まで選び、持ち主の手札に戻す。

DMR-06で登場したサイバーロード/ハンター
cipガチンコ・ジャッジを行い、勝てばクリーチャーを2体までバウンスする。

能力そのものは悪いものではなく、決まれば確実にアドバンテージが取れる。コイツ自身を選べばループが組めないこともない。
しかしながら、能力に確実性がないために堅実に行くなら《テレポーテーション》《コーライル》のほうが良いだろう。

比較対象は《アクア・ナルトサーファー》か。コストは重いが、確実にバウンスを行える。

むしろここは、種族を生かしてみる方がイキイキとするかもしれない。
幸いにもサイバー種族なので、【トワイライトΣ】あたりと組むのが良いだろう。ループする場合にはあまり意味はないものの、パワーはそこそこあるので5枚目以降の《コーライル》として加えるのも悪くない選択肢だろう。

  • 元ネタはプログラミング言語のCOBOLだろうか。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]