《コマンダー・ラッキーロトファイブ》 [編集]

コマンダー・ラッキーロトファイブ P 水文明 (2)
クリーチャー:キカイヒーロー 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手は自分自身の山札の上から進化クリーチャーではないクリーチャーが出るまでカードを表向きにする。相手は出たクリーチャーをバトルゾーンに出し、その後、表向きにしたそれ以外のカードをすべて、好きな順序で山札の一番下に戻す。

ローソン・レジェンダリーカード第2弾で登場したキカイヒーロー

2マナにして破格のパワー6000を誇る。
しかしそのデメリットも大きく、相手が犠牲無しの擬似《斬隠オロチ》を使えるというかなり痛い能力である。

2マナパワー6000は有名な《無頼勇騎ゴンタ》《放浪兵エルジージョ》をも凌ぐサイズであるが、いかんせんギャンブル性が強すぎて実戦には向かない。大型クリーチャーの少ない【速攻】ビートダウンならまだしも、グッドスタッフなど個々のクリーチャーが強力なデッキ相手に使うと悲惨な目に遭う。
使うのならば《単騎連射 マグナム》と組み合わせるなどの工夫が必要になる。

  • 《ドラグ変怪》の効果が判明した際、相性が良いことから高騰した。ただ、《ドラグ変怪》山札破壊を能動的にトリガーすることができる手段としてはより汎用性の高い《父なる大地》が存在しており、言わば勘違いによる高騰である。
    • 新型コロナウイルス感染拡大を受けて競技大会が自粛された影響でカジュアル大会が盛んになった影響で高騰したという説もあり、確かにユニークな能力を持つという意味ではそれで辻褄が合わないこともない。
    • しかし、安定して複数体クリーチャーを並べられる《虚数転生》の出現により、勘違いでは無くなってしまった。《復活のトリプル・リバイブ》と違い、そこまで墓地肥やしに頼る事もなく、安定した山札破壊を行えるようになったからである。
  • パワー6000の相手プレイヤーを攻撃可能なクリーチャーであるが、W・ブレイカーは持たない。
  • カード名は宝くじの「ロト6」を連想させる。

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ(P15/Y5)
    「俺からのプレゼント、受け取りな!」――コマンダー・ラッキーロトファイブ

収録セット [編集]

参考 [編集]