《ゴースト・Re():タッチ》 [編集]

※正式な表記は《ゴースト・Re:タッチ》だが、ページ名はこのWikiの仕様上《ゴースト・Re:タッチ》と表記する

ゴースト・Re:タッチ C 闇文明 (2)
呪文
G・ストライク(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そのターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DMRP-17で登場した呪文

2コスト1ランダムハンデスG・ストライク

序盤からビートダウンしてくる相手に対しては、相手の攻撃可能クリーチャーの状況にかかわらず、相手の手札を奪う《ゴースト・タッチ》S・トリガーのほうが優位に働きやすい。待機中の《龍装者 バルチュリス》に刺さる可能性があるのもそちらの強みである。

対して、《ゴースト・Re:タッチ》のG・ストライクだと「このターン中、絶対に攻撃させたくないクリーチャーがいる」場合にしか使う旨味がない。
相手に攻撃可能クリーチャーが残ってないなら見せても意味がないという部分が特に顕著。
一方、ジャストキル時に打点を1体止めて延命できる可能性がある点では《ゴースト・タッチ》と明確に差別化できる。

汎用性を考えれば、《傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界》《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》に続く9枚目以降の単色2コスト初動ハンデスといったところか。墳墓避け採用もアリ。

サイクル [編集]

DMRP-17で収録されたコモンG・ストライク呪文サイクル

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]