《サイバー・D(ディ)・モンストレイション》 [編集]

サイバー・D・モンストレイション C 水文明 (7)
クリーチャー:サイバー・コマンド/エイリアン 6000
W・ブレイカー

DMR-05で登場したサイバー・コマンド/エイリアン

見て分かる通り、酷い性能の準バニラである。

エキスパンションには、上位互換となる《アクア・インテリジェンス 3rd G》《電脳提督アクア・ジーニアス》《サイバー・B・バック》などがいるが、それらと比べるまでもなくスペックが低い。

このカード登場時のコスト論で考えると、7マナパワーが6000ならば、W・ブレイカー以外の何かしらの能力を与えられているのが普通。DM-01《キング・オリオン》もそれがクリアされているのである。基本セットのカードでもできていたことが、エピソード2のカードでありながらできていないのである。カードデザインにおいて、正に基本がなっていない。

同じくコストに見合わない性能を持つ《蒼神龍ディエゴ・アルメイダ》などの更に下を行くコストパフォーマンスの悪さである。

  • 名前は「デモンストレーション(demonstration)」に語呂を合わせてあるようだ。因みに意味は推理の立証や証明、実例や確証などの他、軍事力の展示や陽動作戦の意味もある。実際のプレイに例えるなら、準バニラであるこのカードに除去札を使わせ、被害担当となってもらうといった感じであろうか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]