《サイバー・G(ジー)・ホーガン》 [編集]

サイバー・G・ホーガン VR 水文明 (8)
クリーチャー:サイバー・コマンド 8000
M・ソウル
W・ブレイカー
激流連鎖(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を見る。その中から、このクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーを好きな数、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番上に戻す)

DM-36で登場したM・ソウル持ちのサイバー・コマンド

連鎖の上位能力激流連鎖を持つ。
cip山札の上から2枚を見て、このクリーチャーよりもコストが低いクリーチャーがあればコスト踏み倒しバトルゾーンに出すことができる。

コスト踏み倒しの例にもれず、このクリーチャーも非常に強力。7マナ以下ならば2体までタダ出しできる可能性がある。
自身もパワー8000のW・ブレイカーと十分なサイズであり、かの《エンペラー・キリコ》を彷彿とさせる展開が可能。

2枚めくるので、山札操作に頼らずともフルクリーチャー気味のデッキなら1枚は期待できる。《パルピィ・ゴービー》などの山札操作と組み合わせて確実にしても良い。

《エンペラー・キリコ》と違い、進化元があれば進化クリーチャーも出せるので、サイバーでまとめて《超電磁トワイライトΣ》で出し入れして何度も能力を使うのも面白い。(>【トワイライトΣ】

このクリーチャーを使うならばデッキクリーチャー比率を可能な限り高めたい。【専用デッキ】で活躍させるのがいいだろう。

  • 名前の元ネタはプロレスラーの「ハルク・ホーガン(Hulk Hogan)」だろう。フレーバーテキストも彼の決め台詞から来ている。ついでにこのクリーチャーの得物も「砲丸(ほうがん)」のようである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-36DMX-08
    イチバン!!――サイバー・G・ホーガン

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《凶星王ダーク・ヒドラ》がいる状況で、自分は《サイバー・G・ホーガン》を出し、「激流連鎖」能力で山札の上から2体クリーチャーをバトルゾーンに出しました。
《凶星王ダーク・ヒドラ》の能力は、何回誘発しますか?
A.3回です。クリーチャーをバトルゾーンに出すたびに《凶星王ダーク・ヒドラ》の能力は誘発しますので、出たクリーチャーと同じサブタイプを持つクリーチャーを1体ずつ、合計3体まで墓地から手札に戻せます。(総合ルール 603.2)
引用元