《サイバー・K(ケー)・ウォズレック/ウォズレックの審問(しんもん) [編集]

サイバー・K・ウォズレック VR 水文明 (6)
クリーチャー:サイバー・コマンド 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の呪文を合計2枚まで、両プレイヤーの墓地から選ぶ。それらをコストを支払わずに唱え、その後、持ち主の山札の一番下に置く。
ウォズレックの審問 VR 闇文明 (2)
呪文
相手の手札を見て、コスト3以下のカードを1枚選び、捨てさせる。

DMRP-09で登場した/サイバー・コマンドツインパクト

クリーチャー面はコスト3以下の呪文を両プレイヤー墓地から合計2枚踏み倒しで唱えるcipを持ち、cipを使い終わった後は6000W・ブレイカークリーチャーが残る。
cip踏み倒し範囲は狭いので安易にコンボデッキに使うことはしづらいが、単純に《ツインパクト・マップ》手札を整えて《魂フエミドロ》でこのカードに繋がる6マナまで伸ばしてから、それらを1枚で再利用するだけでも強い。
軽量級ハンデスを再利用するのにも適している。

種族も優秀であり、コマンドなので《S級宇宙 アダムスキー》への侵略元になる。2019年7月1日にそれまでハンデス系統のデッキフィニッシャーを務めていた《ヴォルグ・サンダー》はプレミアム殿堂に指定されたため、この点は無視できない。

呪文面はコスト3以下のカードピーピングハンデスする。
序盤から狙って相手の2、3コストカードを叩き落とせるため、相手の出鼻をくじきやすい。
しかしコスト4のカードは範囲外のため、相手が先攻の場合、先に《フェアリー・ライフ》などの2コストマナブーストをされてしまうと、2→4の動きに対処できない。

ルール [編集]

  • このカードの能力によって唱えた呪文は1枚唱えるごとに山札の下に置くのではなく、2枚唱えてから山札の下に置く(2019年6月5日、6月6日正式回答)。
  • 《ジャミング・チャフ》などの効果によって、呪文が唱えられない時でも、墓地にある呪文を2枚選んで、山札の下に送ることはできる。

環境において [編集]

登場前から、《ヒラメキ・プログラム》を使いまわしてループを行う【ウォズレックループ】というデッキタイプが既に考案され、環境での活躍が大いに期待された。

発売後は案の定【ウォズレックループ】が環境入りした。その後、【ウォズレックループ】の派生デッキ、【ウォズレックバジュラズテラ】も考案され、これも環境で大活躍を見せた。【ウォズレックループ】は、早ければ3ターン目、実戦では大体4〜5ターン目にはループに入ることができてしまうため、当然公式はこれを放っておくわけもなく、【ウォズレックループ】の中核を担う《ヒラメキ・プログラム》が2019年7月1日付でプレミアム殿堂に指定され、このデッキタイプは消滅した。

新殿堂施行後には【ロマノフシャコガイル】【青黒ハンデス超次元】【青黒GRハンデス】で使われている。特にハンデスコントロール系統では《黙示護聖ファル・ピエロ》が型落ち物と看做されるほどのスペック汎用性を誇っている。序盤のハンデス呪文、軽量超次元呪文を使い回すことは元より、序盤から中盤に遅延札として使った《「本日のラッキーナンバー!」》を終盤の詰めに使えるのも大きい。パワー6000のW・ブレイカーと肉体面も悪くなく、《Wave ウェイブ》GR召喚能力との相乗効果で打点形成にも役立つ。

《ヒラメキ・プログラム》プレミアム殿堂時にはそれをリペアする形で【晩餐ウォズレック】が考案されるも、必要パーツの多さから環境入りには至っていない。

DMBD-09DMBD-10発売から1ヶ月が経過した頃、【ハンデスデッドダムド】において相手のGR召喚呪文を利用しつつ侵略元を残せるクリーチャーとして着目された。同じ頃、殿堂レギュレーション双・超マーク2ブロック構築の両方において単純な《卍 新世壊 卍》対策としての毛色が強くなった。

他のカードとの関係 [編集]

その他 [編集]

  • クリーチャー面は幾度となくループコンボに悪用されているが、呪文面は特定の低コストカードに依存するコンボデッキへの対策となるという、ある意味で相反する性質を持つ。

サイクル [編集]

DMRP-09で収録されたベリーレア多色ツインパクトサイクル

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《サイバー・K・ウォズレック》の能力で、自分の墓地から呪文を2枚選んで使うことはできますか?
A.はい、できます。両プレイヤーの墓地から、コスト3以下である呪文を合計2枚まで選ぶことができるので、各プレイヤーの墓地から1枚ずつでも、片方のプレイヤーの墓地から2枚でも、1枚だけでも選ぶことができます。
引用元

Q.《サイバー・K・ウォズレック》の「バトルゾーンに出た時」の能力で墓地から呪文を2枚唱える時、2枚目の呪文を唱えている間、すでに唱え終わっている1枚目の呪文はどのゾーンにありますか?
A.2枚目の呪文を唱えている間は、唱え終わっている1枚目の呪文は墓地にあります。
引用元

Q.《サイバー・K・ウォズレック》《超次元エクストラ・ホール》と他の呪文を唱えようとして、先に《超次元エクストラ・ホール》から解決して2枚目の呪文を山札の下に置けますか?
A.はい、出来ます。その場合、2枚目の呪文は墓地から移動しているので、唱えることは出来ません。
引用元

Q.《サイバー・K・ウォズレック》の能力でチャージャーを持つ呪文を唱えた場合どうなりますか?
A.持ち主のマナゾーンに置かれ、山札の下に置かれません。
引用元

Q.バトルゾーンに種族ナイトのクリーチャーがいます。《サイバー・K・ウォズレック》を出して、墓地の《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》《蝕王の晩餐》を選びました。《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》を唱え、コスト5のGRクリーチャーを召喚し、手札の《蝕王の晩餐》を唱え、《サイバー・K・ウォズレック》を破壊して、墓地から《邪眼皇アレクサンドルIII世》を出して、《サイバー・K・ウォズレック》で選んでおいた《蝕王の晩餐》を唱え、コスト5のGRクリーチャーを破壊して墓地から《サイバー・K・ウォズレック》を出し、《邪眼皇アレクサンドルIII世》の能力で、山札の下に置いた《蝕王の晩餐》をコスト無しで唱えることができますか?
A.はい、唱える事ができます。
引用元

Q.《卍 新世壊 卍》が出ていて、《サイバー・K・ウォズレック》の能力で、自分の墓地の魔導具呪文を唱えると《卍 新世壊 卍》の下に置けますか?
A.はい。《サイバー・K・ウォズレック》の効果で墓地の呪文を唱えた場合、《卍 新世壊 卍》の下に唱えたカードを置くことができます。
引用元

Q.《サイバー・K・ウォズレック》が持つ「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」能力で相手の呪文2枚を唱えた時、山札の下に置く順番は誰が決めますか?
A.《サイバー・K・ウォズレック》を出したプレイヤーが決めます。
引用元

Q.自分の墓地に《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》がある状況です。自分は《魔王と天使のサイン》を唱え、効果で呪文側が闇のカードの《サイバー・K・ウォズレック》を、クリーチャーとしてバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、出せません。光か闇のクリーチャーを選ぶ能力ですので、水文明のクリーチャーである《サイバー・K・ウォズレック》を選ぶこともできません。
引用元