《シバカゲ(さい) [編集]

シバカゲ斎 P(UC) 闇文明 (5)
クリーチャー:ファンキー・ナイトメア 2000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
マナ武装 5:自分のターンのはじめに、このクリーチャーが自分の墓地にあり、自分のマナゾーンに闇のカードが5枚以上あれば、自分の山札の上から5枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。

DMX-18で登場したファンキー・ナイトメア

純粋なスペックコスト5でパワー2000の攻撃できないブロッカーと頼りないが、自分のターンのはじめにこのクリーチャー墓地にあり、かつマナ武装5を達成していると、山札の上から5枚を墓地に置くことで自身をリアニメイトすることができる。
条件は違うが、《偽りの名 ドレッド・ブラッド》と同様のタイミングのリアニメイト能力である。

基本的に単色デッキに限られるが墓地肥やしリアニメイトを同時に行う便利な能力で、墓地と味方破壊を頻繁に利用するファンキー・ナイトメアの戦術とも噛み合っている。
特に《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》とは相性が良く、墓地肥やしによってそちらのリアニメイト対象を増やしつつ、自身のリアニメイトによって龍解時の犠牲となる頭数を更に増やすことができる。

何度もリアニメイトを行うと山札の消費は激しくなるが、同弾の《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》墓地からの山札回復によって互いにカバーすることができる。毎ターンこのクリーチャー《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》破壊する手段を用意できれば、両者にほぼ尽きることのない破壊置換効果を付加することができるだろう。
また、《デュエマの鬼!キクチ師範代》置換効果山札から墓地に置くことができなかった場合も、リアニメイトは可能。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のマナゾーンに闇文明のカードが5枚、墓地に《シバカゲ斎》が1枚あり、バトルゾーンに自分の《大魔王 ウラギリダムス》がいる状況です。
自分のターンのはじめに《シバカゲ斎》の「マナ武装5」能力で、山札の上から5枚を墓地に置きバトルゾーンに出ました。
その後《大魔王 ウラギリダムス》のターンのはじめの能力で、この墓地に落ちたクリーチャー5枚を選んで下に重ねられますか?
A.はい、できます。(総合ルール 501.2)
引用元