《シャダンQ(キュー) [編集]

シャダンQ P(UC) 無色[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 3000
G・ゼロ:バトルゾーンに自分のコスト5以上のジョーカーズがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
自分がクリーチャーに攻撃された時、このクリーチャーをタップしてその攻撃を中止してもよい。

DMSD-04で登場した無色ジョーカーズ

自分のコスト5以上のジョーカーズがいればG・ゼロで出すことができ、タップして自分への攻撃を中止できる能力を持つ。

単体で考えれば、特定のクリーチャーを出すだけでついでに登場できる防御要員である。このクリーチャー自身が「コスト5以上のジョーカーズ」なので、条件元とこのクリーチャーのどちらかが破壊されても、次の《シャダンQ》コストなしで呼ぶことができるなど、粘りの強いクリーチャーである。

他のジョーカーズとの組み合わせを考えた場合、《ヘルコプ太》《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》でこのクリーチャーは簡単に手札に引き寄せることができる。特に前者はまさに「コスト5以上のジョーカーズ」なので、今引き次第ではあちらについてくる形で登場できる。《ガヨウ神》でも同様。後者はクリーチャーではないが、同じG・ゼロ持ちなので、コスト5以上の無色ジョーカーズがいればいつでも引き寄せを狙うことができる。

条件となるコスト5以上のジョーカーズも、《ヤッタレマン》によるコスト軽減はもちろん、《ガンバトラーG7》のように自力でコストが下がるものも存在するので、比較的素早く揃えられる。
コスト5は《ハクション・マスク》《ゲラッチョ男爵》などS・トリガーで見れば軽い方なので、カウンター気味にG・ゼロできることもしばしばあるだろう。

出た後も、バトルゾーンの数を参照するジョーカーズは多数いるため、役割には事欠かない。《ジョット・ガン・ジョラゴン》《夢のジョー星》《ガンバトラーG7》に対しては、こちらが先に出れば条件やコスト軽減を満たすための要員となり、後に出ればコスト使用後のリカバーや追加攻撃要員になるなど、数になるだけでかなりの働きをしてくれる。

強いて弱点を挙げるとすれば、ジョーカーズ《ヤッタレマン》《パーリ騎士》などの軽量なクリーチャーで序盤を固めるのも肝心であるため、コスト5以上のジョーカーズはそうそう多く入るわけではないという弱みがある。ジョーカーズにおけるコスト5帯ではぼちぼちフィニッシャーもそろい始めるところなので、このクリーチャーの登場機会を逃すことはしばしばある。序盤に軽量ジョーカーズで固め、いきなりフィニッシャーを呼び出す《ジョット・ガン・ジョラゴン》《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》に完全特化したデッキとはやや相性が悪い。ただ、【ジョット・ガン・ジョラゴン】系統で考えると、ループを決めた後で1ショットキルに失敗した際の保健として防御能力が使えるので、一概に相性が悪いとは言い切れない。

いかにコストなしで出せるG・ゼロクリーチャーと言えど、「手札に加えやすい」「条件を揃えるのが簡単」「バトルゾーンにいる事が次の能力に繋がる」のいずれも満たしていなければ使いようがないが、ジョーカーズという種族はいずれも満たせる性能を持っているため、細かい点に気をつければかなり活躍してくれるだろう。

  • モチーフは「踏切」で、由来は「遮断機」と日本のロックバンド「シャ乱Q」。フレーバーテキストもシャ乱Qの「ズルい女」を意識しているのは間違いない。また、《チョートッQ》の「Q」も入っていると思われる。しかし、その《チョートッQ》は踏切を渡る側にいるため、電車モチーフのクリーチャーが電車が過ぎるのを待つというよくわからない状況になっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]