《シンカイタイフーン》 [編集]

シンカイタイフーン C 水文明 (2)
クリーチャー:ブルー・モンスター/ハンター 2000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。そうした場合、自分の手札を1枚捨てる。

DMR-03で登場したブルー・モンスター/ハンター

cip手札交換墓地肥やしができるブロッカー
《幻槍のジルコン》が手軽になって能力任意になったカードとも言える。
コストが軽いので《湧水の光陣》の下準備ができるのも優秀。

序盤の2コストブロッカーを出しながら山札圧縮墓地肥やしなど、腐りづらく汎用性が高いクリーチャー
アドバンテージの差は《エマージェンシー・タイフーン》とほぼ同等だが、手札を重要視する場合はあちら、バトルゾーンを重要視する場合はこちらを使えばよいだろう。
もちろんそれ以外の理由でも使い分けて良い。

環境において [編集]

登場当時墓地利用デッキがこれと云って環境に存在しなかったため評価が低かったが、エピソード3環境からドラゴン・サーガ環境にかけては【墓地ソース】で使われた。当時はデッキの墓地肥やし速度がそれほど早くなかったため、このカードを始めとした墓地肥やしブロッカー《爆鏡 ヒビキ》はじめとする鏡サイクルなどのシステムクリーチャーを立ててコントロール気味に動くこともままあった。

革命編環境では墓地肥やしの速度が重視されて《戦略のD・H アツト》【墓地ソース】において優先されるようになったが、【ロマノフサイン】では需要があった。

だが革命ファイナル環境になると、《サイバー・チューン》《【問2】ノロン⤴》など墓地肥やし手段が充実し、墓地肥やし性能の低いこのカードは次第に使われなくなっていった。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]