《シンカゲリュウ・柳生(やぎゅう)・ドラゴン》 [編集]

シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン UC 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるドラゴンをすべてアンタップする。
バトルゾーンに自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》または名前に《NEX》とあるドラゴンがあれば、このクリーチャー以外の自分のドラゴンはすべて「パワーアタッカー+4000」を得、シールドをさらに1つブレイクする。

DM-36で登場したアーマード・ドラゴン/サムライ

cipで自分のマナゾーンにあるドラゴンをすべてアンタップする効果と、場に自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》NEXと名のつくドラゴンがいる場合に自分以外のドラゴンを強化する能力を持つ。

もはや珍しくなくなってきた5コストパワー5000で効果付きのアーマード・ドラゴン
このカード《闘龍鬼ジャック・ライドウ》らに負けず劣らずのスペック

1つ目の能力《森の歌い手ケロディナンス》ドラゴン版といった効果マナゾーンの状況にもよるが、ドラゴンを満載したデッキならばほとんどの場合タダ同然で出せることになる。
《コッコ・ルピア》などと組み合わせて自身のコストを減らせばより強力で、それらのコスト軽減カードと併用して使えば、G・ゼロのような感覚で出せる。アーマード・ドラゴンの頭数を揃えやすいので《バルケリオス・ドラゴン》《バルケリオス・Gカイザー》と相性がいい。

2つ目の能力は、自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》NEXに反応してパワーアタッカーブレイク数増加を与える。どちらも【連ドラ】には入りづらいカードが条件のため、サムライNEX中心のデッキで使うことになる。

特に《ボルシャック・NEX》との相性は良く、そちらで《マッハ・ルピア》リクルートすれば、T・ブレイカーになった《ボルシャック》で奇襲できる。アーマード・ドラゴンが2体並ぶので《バルケリオス・ドラゴン》G・ゼロで出すことも可能で、うまくいけば一斉攻撃で全てのシールドを割りきることも出来る。

通常の【連ドラ】には採用しにくいが、《ボルシャック・NEX》を中心とした専用デッキを組めばかなりの爆発力を発揮する。専用デッキでこそ輝くカード言えるだろう。

  1. デッキに大量のドラゴンの進化クリーチャーを投入しておく。
  2. 《進化設計図》で進化ドラゴンをまとめて手札に。
  3. 《強欲の開拓》を使用。アーマード・ドラゴンを選択しマナに大量の進化ドラゴンを置く。
  4. 《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》召喚。マナがほぼ全てアンタップされるので好きなドラゴンに進化することが可能。
  • 名前の元ネタは「柳生新陰流」。フレーバーテキストも柳生家の兵法家伝書にある柳生宗矩の言葉からきている。なお、「ひがこと」とは、「間違い」という意味である。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-36
    兵法は命をきるとばかりおもうは、ひがごとなり、命をきるにはあらず、悪をころすなり。――シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン
  • DMC-67
    武器は不吉な道具である。天道はこれを嫌う。しかし、やむを得ず武器を用いることは、また天道である。――シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン
  • DMEX-12
    かつて、禁断の力が攻めて来た時、「龍世界」そのものがドラゴンとなった姿、それがドラゴ大王だと言われている。

収録セット [編集]

参考 [編集]