《シールド・チャージャー》 [編集]

シールド・チャージャー C 光文明 (4)
呪文
自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く)

DMRP-16で登場したチャージャー呪文

シールド追加チャージャーによるマナ加速を行うシンプルな性能。

《天空城の防壁》がコストをそのままにチャージャーを得た性能。

4マナ1ブースト+シールド追加で、性質は《フェニックス・ライフ》に近い。
《トライガード・チャージャー》が大きなライバル。手札を減らさずに純粋なシールド追加が出来るのはあちらにないメリットだが、シールドの質は上げられず、シールド回収もできないので、汎用性は大きく劣る。シールドの内容より枚数を重要視するデッキで使うことになる。チャージャーを活かしマナ回収を絡めたループを行えば余計な手札を使わずに山札をシールドに変換し続けることができる。

4→6と《ヘブンズ・ゲート》に繋がる上に大量投入したS・トリガーの試行回数を増やせるため、自然の入らない型の【ヘブンズ・ゲート】に投入を検討できる。その場合はやはり《トライガード・チャージャー》が強力なライバルになる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]