《ジャスティス・フォース》 [編集]

ジャスティス・フォース UC 光文明 (4)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。
次の自分のターンのはじめまで、自分のクリーチャーすべてに「ブロッカー」を与える。(「ブロッカー」を持つクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)

DMRP-18で登場したS・トリガー呪文

呪文そのものの手打ちコストと踏み倒せるクリーチャーのコスト上限が同じコスト踏み倒しで、文明の縛りや「進化ではない」の縛りはない。
その後、《フル・ディフェンサー》と同じ呪文能力を発動させる。

自前の能力でブロッカー付与の対象を用意しつつ、元からいたクリーチャーにもブロッカーを与えることができる。

手打ちすることを考えると利点は、文明を無視しながらのクリーチャーを展開できる点と相手ターン終了時までブロッカー付与できる点のみであり、有効活用できる状況が限られる。《Wave ウェイブ》《イグゾースト・II・フォー》による踏み倒しを行うなどで上手く活用したい。いっそ《ホーリー・スパーク》のようにS・トリガー前提のカードと割り切るのも良いだろう。

S・トリガーで唱えた場合、出したクリーチャーがブロッカーになるので1回は攻撃を止められる。
防御札として採用する場合《プロテスト・ミスト》のような使い勝手となるだろう。あちらと違い全てのクリーチャーにブロッカーを付与できるため、展開力のあるデッキに採用したい。

ブロッカー付与は強制。《ゴウケンオー〜剣々轟々〜》などで焼き払われないように注意。
また率先して出すことはないだろうが、《叡智の聖騎士 スクアーロ》を出すと自分の全クリーチャーが手札に戻ってしまう。

同じくDMRP-18に収録された《霊騎 フィーク-2》とは相互踏み倒しの関係にある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]