《ジャッジ・チュリス》 [編集]

ジャッジ・チュリス UC 火文明 (8)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−自分と相手のクリーチャーをそれぞれ1体ずつ選ぶ。その2体をバトルさせる。

DMRP-04裁で登場したビートジョッキー
S・トリガーキズナを持ち、お互いのクリーチャーを1体ずつ選び効果バトルさせるキズナ能力を持つ。《爆G シチリア》の上位種にあたる。

このクリーチャー自身のパワーはお世辞にも高いとは言えず、単体での防御札としての性能は《メリー“KEN”バンド》に劣る。使うのであれば相手のターン中に出てもバトルゾーンに残る点、ほかの味方クリーチャーに効果バトルさせられる点、キズナ能力による柔軟性の高さなどで差別化を図る必要がある。

ただし、種族デッキだとバトルを任せられるほどパワーの高いビートジョッキーが多くないのが難点。いっそのこと種族にこだわらず大型クリーチャーを多く入れたデッキで使うという選択もありだろう。

  • カード名の由来は格闘技で副審に相当する「ジャッジ」。カードイラストにはジャッジというより主審に相当するレフェリーのようなチュリスが描かれている。

関連カード [編集]

サイクル [編集]

DMRP-04裁で登場したS・トリガー付きキズナサイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]