《ジョギラゴン(アンド)ジョニー 〜J(ジェイ)旅路(たびじ)〜》 [編集]

ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜 SR 無色 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン 10000
革命チェンジ:コスト5以上のジョーカーズ(自分のコスト5以上のジョーカーズが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。こうして捨てたカードがジョーカーズなら、そのカードの「このクリーチャーが出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。
相手は、自身の各ターンに1枚しか呪文を唱えられない。

DMEX-12で登場したジョーカーズ・ドラゴン

宇宙に旅立った《The ジョギラゴン・アバレガン》《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》のその後を描いたカード。
初となるジョーカーズを指定する革命チェンジを持っている。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョーカーズcipを使う能力と、《ゴールデン・ザ・ジョニー》呪文に回数制限をかける能力を受け継いでいる。
ただし、《ゴールデン・ザ・ジョニー》はどのターンでも1ターン1回だが、《〜Jの旅路〜》は自分のターンには何度でも唱えられてしまう。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》と比べるとパワーが下がり、スピードアタッカーを失ったが、革命チェンジによって奇襲性が高まり、《ジョット・ガン・ジョラゴン》より速いタイミングで出しやすい(3ターン目にバトルゾーンに出すのは《ジョット・ガン・ジョラゴン》でも狙えたが、《ヤッタレマン》を3体出すなど、手札の要求値が高かった)。
高速化した環境において、1ターン速いというのは非常に大きい。
効果の組合せについては《ジョット・ガン・ジョラゴン》を参照すると良い。
《燃えるデット・ソード》の効果を使えば、速い段階でのランデスにより相手に何もさせずに勝つということもあり得る。

環境において [編集]

DMEX-12で登場するなり、【ジョット・ガン・ジョラゴン】をメタ格に復帰させた立役者となった。

また、【バーンメアジョーカーズ】のパーツとしても頭角を現した。超GRに5コスト以上の疑似スピードアタッカージョーカーズを4枚程度積めば革命チェンジに困らない上に、手札に余った(あるいは手札に戻した)《バーンメア・ザ・シルバー》を捨てれば打点補強に繋がる。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》をバトルゾーンに出し、その能力で手札から《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》を捨てました。効果により、その「バトルゾーンに出た時」で始まる能力を使う場合、「こうして捨てた~」以降の能力も使えますか?
A.はい、使えます。さらに、その能力で捨てたカードがジョーカーズなら、それが持つ「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を使うことができます。
引用元

Q.《燃えろ!アポロソくん》が攻撃する時《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の「革命チェンジ」能力を宣言をしました。入れ替えてから《燃えろ!アポロソくん》の「攻撃する時」の能力と《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の「出た時」の能力は、どちらから先に解決しますか?
A.好きな順番で、待機中の効果を解決することができます。また、入れ替える前に《燃えろ!アポロソくん》の「攻撃する時」の能力で自分のシールドを1つブレイクすることもできます。(総合ルール 110.5a 603.2)
引用元