《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》 [編集]

ジョギラスタ・ザ・ジョニー MAS 水/火/自然文明 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 15000
スピードアタッカー
マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、GR召喚する。その後、カードを1枚引いてもよい。
マスターJGR:このクリーチャーがシールドを1つ以上ブレイクする前に、GR召喚を2回する。その後、カードを2枚引いてもよい。
各ターンはじめて自分のシールドが1つ以上ブレイクされる時、かわりに、このクリーチャーは相手のシールドを1つブレイクする。
+  3月16日のテキスト訂正前のテキスト

DMRP-12で登場した//自然ジョーカーズ/ワンダフォース

スピードアタッカーマッハファイターT・ブレイカーを持ったパワー15000の大型クリーチャー。バトルに勝てばGR召喚と1枚ドローができ、シールドに攻撃が通ればマスターJGRによって、GR召喚2回と2枚ドローができる。さらに、各ターンに1度限定で、置換効果で自分のシールドブレイクを相手のシールドのブレイクに変える能力を持つ。

バトルに勝った時も、マスターJGRもGR召喚強制だが、ドローは任意である。ライブラリアウトしそうなときにありがたい。

パワーは15000と高めで、《ドンジャングルS7》《伝説のレジェンド ドギラゴン》《リュウセイ・天下五剣カイザー》といった同コストの巨躰なライバル達に勝てるラインであり、9コストでもこのクリーチャーに勝てるクリーチャーは少ない。
バトルに負けることは早々ないため、標的がどこであろうと、攻撃すればGR召喚1回と1枚ドローくらいはほぼ約束されている。

マスターJGRと置換効果によるシールドブレイクは、シナジーを形成しており、自分のシールドのブレイクを相手のシールドのブレイクに置き換えると共に、GR召喚を2回と2枚ドローができるため、守りながら攻めに転じることができる。

文明3つにコスト8と、召喚するには重い。ビッグマナに投入するか、スピードアタッカーマッハファイターは腐ってしまうが、《ソーナンデス》などのJチェンジ8などの踏み倒し手段を使いたいところ。

他のカード、デッキとの組み合わせ [編集]

  • このクリーチャーにG・ブレイカー付与できる能力を持ったカード。
    このクリーチャーにG・ブレイカーを持たせると、合計4回のGR召喚と4枚ドローができる。詳しくは後述のルールを参考に。

ルール [編集]

強力な能力がてんこ盛りな分、ルールも非常にややこしいカードでもある。

  • 相手のシールドが1枚もなければ、ブレイク置換効果は発生せずに自分のシールドは通常通りブレイクされる。当然、自分のシールドが1枚もない時も、そもそもブレイクされないので、置き換えられない。
  • 相手のシールドがない時や、《神人類 ヨミ》《完全決闘》などの効果で相手のシールドをブレイクできない時も、ブレイク置換効果は発生しない。これは「置換した後の効果が実行できない場合、置換することはできない。」というルールから。
    • 相手の《九極の精霊 マウリエル》の能力によって、相手のシールドのブレイク数を減らされている時も、ブレイクを置き換えることはできず、自分のシールドは通常通りブレイクされる。置換先も「相手のシールドを1つブレイクする」ということが実行できないからである。逆に自分の《マウリエル》がいる状態で、シングル・ブレイカーのクリーチャーがシールドをブレイクしてきた時も、ブレイク自体が起こらないため、当然置換効果も発生しない。(正式回答)
  • 自分のシールドがそのターンはじめてブレイクされる時、ブレイク置換効果でシールドがブレイクされなくても、「ブレイクする時」のタイミングは1度来ているので、同一ターンに次にブレイクを受ける時は、《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》によるブレイク置換効果は発生しない。
    • でなければ同一ターンに何度も《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》のブレイク置換効果が発生してしまう。これでは、自分の《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》がバトルゾーンにいる限り、相手はこちらのシールドがブレイクできなくなってしまう。
  • あくまでもブレイクを置き換えるのであって、《花美師ハナコ》などの能力による「シールドを手札に加える」効果は置換できない。
  • 相手のシールド」とは書かれていないため、マスターJGRはこのクリーチャーが自分のシールドをブレイクする時にも誘発する。
    1. そのため、このクリーチャーにG・ブレイカー付与してシールドに攻撃を通した場合、まず相手のシールドをブレイクしてから、自分のシールドをブレイクすることになるので、GR召喚2回と2枚ドローする能力が2度誘発し、合計4回のGR召喚と4枚ドローができる。
    2. なお、このクリーチャーで自分のシールドをそのターンはじめてブレイクする時、マスターJGRブレイク置換効果の発生タイミングより前に発動する。そのため、この場合、このクリーチャーで自分のシールドをブレイクする→ブレイク前にマスターJGRでGR召喚2回と2ドローが行われる→ブレイク置換効果で相手のシールドをブレイクする→ブレイク前にマスターJGRで再びGR召喚2回と2ドローが行える。
    • ⅰとⅱのルールから、そのターン自分のシールドがブレイクされていない状態で、このクリーチャーにG・ブレイカー付与してシールドに攻撃を通し、相手がシールド・セイバーなどを使ってシールドを残した場合、合計6回のGR召喚と6枚のドローができる。G・ブレイカーを得たこのクリーチャーで相手のシールドをブレイク→ブレイク前にマスターJGRでGR召喚2回と2ドロー→シールド・セイバーなどで相手はシールドを1つ残す→その攻撃の後、G・ブレイカーの効果で自分のシールドをブレイク→ブレイク前にマスターJGRでGR召喚2回と2ドロー→ブレイク置換効果で相手のシールドをブレイクする→ブレイク前にマスターJGRで再びGR召喚2回と2ドローで、合計6回のGR召喚と6枚ドローができる。(暫定回答)

暫定回答なしの裁定 [編集]

  • マスター・ブレイカーにて、ブレイクされる前の段階では誘発型能力解決は割り込めない裁定があるため、マスターJGRによってcipを持ったGRクリーチャーがバトルゾーンに出ても、そのcipが解決されるのはシールドがブレイクされた後というのが正しいはずだが、この件に関しては現在開発に確認中であり、暫定回答も出せないとのこと。
    • アニメでは、ブレイクの前にcipが先に解決される描写があった。

アニメにおいて [編集]

その他 [編集]

  • 自分の被害を相手の被害に置き換える能力は、《神羅スカル・ムーン》を彷彿させる。ルールが非常にややこしい点も、偶然か否かそちらと似通っている。
  • デュエル・マスターズ プレイスの『七つの大罪』コラボイベントでは、メリオダスのレジェンドスキルが、《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》と同じく1ターンに1回ブレイクをカウンターするものとなっている。
    各ターン、初めてメリオダスのシールドがブレイクされる時、かわりに相手のシールドを同じ数までブレイクする。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》が持つ「各ターンはじめて自分のシールドが1つ以上ブレイクされる時」の能力で相手のシールドをブレイクする時、「マスターJGR」を使用することは出来ますか?
A.はい、出来ます。「各ターンはじめて自分のシールドが1つ以上ブレイクされる時」の能力は、《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》自身が相手のシールドをブレイクする能力です。
引用元