《スチームオクトパンク》 [編集]

スチームオクトパンク SR 水文明 (8)
クリーチャー:ムートピア/スペシャルズ 8000
ブロッカー
W・ブレイカー
マナ武装8:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに水のカードが8枚以上あれば、バトルゾーンにあるコスト8以下のカードを8枚まで選び、持ち主の手札に戻す。
マナ武装4:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに多色のカードが4枚以上あれば、各プレイヤーは自身の手札をすべてシャッフルし、それを山札の一番下に置き、その後、それぞれカードを8枚引く。

DMEX-03で登場したムートピア/スペシャルズ

単色多色、2つのマナ武装cipを持つ、中型ブロッカー

マナ武装条件がそれぞれ文明もコストも違うため、マナブーストとマナへの文明追加効果を駆使したいところ。

マナ武装8のバトルゾーンの大量バウンスは非常に強力ではあるものの、自身のコストとマナ武装8と非常に重く、踏み倒しコスト軽減が使いづらいなど条件も厳しい。コスト8以下なので、一番どかしたい大型フィニッシャー除去できないことも。
ただ、クリーチャー以外のカード、そして自分のカードも対象のため、封印を剥がしたり、自分のクリーチャーの離れた時能力の誘発やcip能力の再利用も可能。このクリーチャー自身も対象である。

もうひとつのマナ武装4は多色マナ4枚で発動し、手札をリセットした後にお互いに8枚補充する。
手札が0枚でも起動されるため、一気に手札を増やせるのは豪快というよりほかない。だが、相手にも8枚引かせるので、考えなしに発動できる能力ではなく、何らかの補助は必須。あえてマナの比率を水単色に偏らせて、発動させないと言う選択も十分に考えられる。手札をシャッフルさせる工程が入ることから、《シャカパチを許さぬ者 バチお先生》の能力を能動的に使うことができる。

普通に使っても、使いづらいスペックなので、何かしらのコンボを活かしたい。

例としては、《禁断機関 VV-8》《偽りの名 iFormulaX》を使ったコンボがある。マナ武装8により、このクリーチャーと《禁断機関 VV-8》の封印3つをカード指定除去すると、禁断機動しつつ手札を12枚用意することができる。そのまま追加ターン中に《偽りの名 iFormulaX》《ドンドン打つべしナウ》をプレイして、エクストラウィンができる。

  • 水文明最重量である、コスト8のブロッカーはこれで7体目となる。
  • タコがモデルとなっているためか、やたらと8という数字が目につくカードである。
  • 名前や容姿から、スチームパンクも元ネタだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《スチームオクトパンク》にはマナ武装が二つありますが、両方使うためにはマナゾーンに12枚のカードが必要になるのですか?
A.いいえ、マナゾーン全体で水が8枚という条件と多色カードが4枚という条件をそれぞれ満たしていればよいので、例えば水を含む多色カード4枚と普通の水のカード4枚あれば両方の条件を満たすことができます。
引用元