《スチーム・ハエタタキ》 [編集]

スチーム・ハエタタキ C 火文明 (1)
呪文
相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。

DMRP-02で登場した呪文

わずか1マナ《デコピン・クラッシュ》が撃てる、新章デュエル・マスターズ期のインフレを象徴する一枚。
《デコピン・クラッシュ》のみならず《クリムゾン・ハンマー》《ピコット・ミサイル》等の軽量火力の存在価値を一斉に無くしてしまった。
序盤のシステムクリーチャー程度ならアンタッチャブルを除いてたいてい除去できる。非進化クリーチャーであればコスト4以下は粗方このカード1枚で葬ることができる。

そのコストの軽さゆえに、コスト加重にもある程度強く、《タイム3 シド》を立てられても3コストで除去できる。

おそらく《死亡遊戯》辺りを参考に調整したのだろうが、もはやここまでやらなければ火力が使い物にならないと判断されたのだろう。
明らかにコスト論を逸脱したオーバースペックだが、これでもなお環境を揺るがすには至らなかったことは、通常火力の優位性の低下を物語っている。

実際、DMRP-05では1コスト上がったかわりにクリーチャー面がついた《暴走 ザバイク/ブンブン・バースト》が登場し、更にDMRP-12では同じく1コスト上がったかわりにコスト踏み倒し手段がついた《轟怒プレスユー》も登場している。それらの方がまだ使い勝手はいいだろう。

環境において [編集]

このカードの登場以降も新章デュエル・マスターズ環境のの軽量火力呪文としては《勇愛の天秤》が相変わらず優先されていた。あちらは火力の範囲がこちらより狭いものの、状況に応じて手札交換ドロー旧式マッドネスの利用などの役に立つ。

双極篇になって《“乱振”舞神 G・W・D》が登場すると、手札の減らない汎用除去としてあちらが好まれるようになった。しかし初期型の【赤単ブランド】ではわずかなコストで《制御の翼 オリオティス》《ウソと盗みのエンターテイナー》を焼ける手段として採用されており、このカードのおかげでデッキに死角が無くなっていた。

《とこしえの超人》が登場すると、これで露骨に対策した【連ドラグナー】の上位入賞が報告されるなどした。

その他 [編集]

  • パワー4000なので《とこしえの超人》を出された返しのターンに焼くことも可能。有力なメタカードとして検討出来るだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]