《ストリーミング・ビジョン》 [編集]

ストリーミング・ビジョン VR 水文明 (4)
呪文
自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中の水のカードをすべて手札に加え、それ以外のカードを墓地に置く。
※DP殿堂

DMPP-01で登場した呪文
デュエル・マスターズ プレイスでのみ存在するゲームオリジナルカードである。

TCG版の殿堂入り呪文である《ストリーミング・シェイパー》調整版となるカード。表向きにする枚数が1枚減り、コストも1重くなっている。

また、ドローソースとしての調整版という見方もでき、青単においてはTCG版で登場している《王立アカデミー・ホウエイル》相互互換(別の色をタッチした場合は下位互換)として使うことができる。

環境では [編集]

ランクマッチDMPP-01期では、【リキッド・ピープル】に採用されていた。

しかしDMPP-02期以降は水単は速攻気味のデッキになったためか《アストラル・リーフ》《フォーチュン・ボール》等が優先的に採用されるようになり、このカードが採用されないことが多くなった。
これはTCGで「水単速攻では《サイバー・ブレイン》の採用がしづらい」のと同じような理由だろう。

DMPP-06期では【青単ツヴァイランサー】が大きく形を変えて復活し、再び使用率が増加している。
このことから中速コントロールのデッキ、手札からのコスト踏み倒し手段のあるデッキでこそ輝くカードと言える。

2021年3月25日付けよりDP殿堂に指定された。公式サイトソース

公式の調査によると《インビンシブル・テクノロジー》を非採用の【青単ツヴァイランサー】が《ストリーミング・ビジョン》が使用可能のAll Divisionでの使用率が11.9%(3位)、勝率が54.1%(1位)に対し、使用不可のNew Divisionでの使用率が5.7%と使用率に差が出た結果であった。
使えるデッキタイプが多いAll Divisionでこの結果になったのは、《ストリーミング・ビジョン》の有無が大きいと思われる。

カードスペック自体をナーフしなかったのは、枚数そのままでコストを1増やすと《トリプル・ブレイン》下位互換、コストそのままで枚数を1減らすと《エナジー・ライト》《ネオ・ブレイン》の下位互換になってしまい、枚数・コストの双方で調整が難しかった為か。

DP殿堂になったことで情報アドバンテージの損失にもなっている。DMPP-08時点で水文明のカードでは呪文墓地回収する手段が存在しないので、ハンデスまたは手打ちで《ビジョン》が墓地に置かれた瞬間、対戦相手はその試合中《ビジョン》で手札を補充されなくなったという前提で立ち回りを決めることができるようになってしまうためである。

その他 [編集]

  • 初代DP殿堂である《無双竜機ボルバルザーク》と同じく、「TCGで規制されたカードの調整版」がデュエプレでも規制された形となった。
    • ただし、《ボルバル》はデュエプレ版でも自身のカードパワーが高かったことが大きいのに対し、《ストリーミング・ビジョン》は【青単ツヴァイランサー】との相性がよかったことが大きい。尤も、後に登場した相性のいいカードによって古いカードが殿堂入りする例はTCG版でも多数存在する。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-01
    アレ?もう1人どこいった?

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]