《スパイク・スピーゲル》 節を編集

スパイク・スピーゲル P 水/火文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド/アウトレイジ/ハンター 3000+
スーパーレアのクリーチャーとバトル中、このクリーチャーのパワーを+9000する。
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれる時、かわりに山札に加えてシャッフルする。
このクリーチャーが、自分の手札以外のどこからでもバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。

DMEX-08で登場した/ヒューマノイド/アウトレイジ/ハンター

スーパーレアとバトル中、パワーが12000になるが、少々対象が限定されている上に、スーパーレアにはパワー12000を超えるクリーチャーはそれなりの数いるため、おまけ程度の能力と見た方がいいだろう。

目玉能力はやはり、その下の能力だろう。たった3コストで、《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》と似た置換効果による山札回復能力を持っているというだけで、大いに価値がある。もっとも、こちらは墓地にある他のカード山札に加える事はできない。

それでも、墓地に落ちるだけで山札回復する上に自身の墓地のリソースを阻害しない点から、ループなどのコンボデッキで自分の山札を減らさないループを証明するために使えそうである。

ドロー能力も強力。《蒼き団長 ドギラゴン剣》ファイナル革命マナゾーンからバトルゾーンに出せば手軽に能力を使える。自身は多色なので丁度《蒼き団長 ドギラゴン剣》でのコスト踏み倒し範囲内である。2体出せれば4枚ドローできるので追撃には十分だろう。ただし、マナゾーンのカードが減ることには注意が必要であり、何とか革命チェンジを駆使してやりくりしよう。

  • SFアニメ「カウボーイビバップ」とのコラボカードであり、「スパイク・スピーゲル」とは同作の主人公である。元マフィアの凄腕の賞金稼ぎであり、銃の名手。事故により右目は義眼など、各種族に当てはまる特徴を持っている。スーパーレアと戦う際のパワーの上昇は、気分屋だが高額の賞金首に対しては凄まじいヤル気を見せることから。墓地にいかず山札に戻る効果は、組織を抜けた際に死亡扱いされていたが実は生きていたという過去の設定からだろうか。
    • フレーバーテキストは5話で宿敵のビシャスから「天国を追い出された天使は、悪魔になるしかないんだ。そうだろうスパイク」と言われた際の返答である。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集