《スリップ尖車(せんしゃ) スピンクル》 [編集]

スリップ尖車 スピンクル UC 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン中、すでに自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出ていれば、このターン、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)

DMRP-11で登場したビートジョッキー

ターン中に先に自分のクリーチャーバトルゾーンに出していればcipスピードアタッカーを得られる。

条件付きでスピードアタッカーを得るコスト2のビートジョッキーには他に《ミサイル“J-飛”》《ステップ・チュリス》がいるが、それらと違ってcipスピードアタッカーを得る。
つまり自身がバトルゾーンに出る前に条件を満たしていないとスピードアタッカーを得られない。

最速の2ターン目だとほぼスピードアタッカーとして運用することはできない。運用するとしたら2ターン目に《一番隊 チュチュリス》を先置きしてから3ターン目に適当な2コストクリーチャーに続けて召喚すると良いだろう。【赤単ブランド】で考えると《“罰怒”ブランド》本体が除去された際にスピードアタッカーを維持できる殴り手として利用することができる。

通常単調なビートダウンしかできないカードトッキュー8シールド戦には向かないが、カードプールがビートダウン寄りのDMRP-11では話が別で、系のデッキでは序盤の主力となってくれるだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-11
    開拓のおかげで道が整備されて、荒野だったアチーチ・デ・バスが走りやすい場所になったッス! ― スピンクル・チュリス

収録セット [編集]

参考 [編集]