《セイント・キャッスル》 [編集]

セイント・キャッスル UC 光文明 (2)
バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+1000され、「ブロッカー」を得る。

DM-30で登場した

パンプアップブロッカー付加の常在型能力を持つ。

パワーが上がるため若干の除去耐性が付くが、ブロッカーを得た分除去されやすくなるので、メリットデメリットは半々と言ったところか。
パンプアップブロッカー付加自体は、ブロックしてもバトルで負けにくくなるため、かみ合っていると言える。

また、ニンジャ・ストライクとの相性はなかなかのもの。
ニンジャ・ストライクで出たクリーチャー効果+ブロッカーとなるため、たいてい1枚で2体の攻撃を止めることができる。《光牙忍ライデン》など、ニンジャ・ストライクに必要なマナが少ないカードが使いやすい。
パンプアップ系のシノビなら、一瞬にして想像を絶するサイズのブロッカーを誕生させることも可能。《土隠の式神センプーン》が良い例。パワー11000のブロッカーが飛んできたらひとたまりもない。

注意したいのはやはりブロッカー除去
特に《クリスタル・パラディン》《クリムゾン・ワイバーン》《超爆デュエル・ファイアー》等の大規模なブロッカー除去は天敵である。
あっさり場を壊滅させられてしまうため、考え無しにこのカードを使用するのは危険である。何らかの対抗策は考えておこう。

後に《Dの牢閣 メメント守神宮》が登場したが、こちらは軽さとパンプアップで勝っている。そちらは殿堂入りしたため、空いた枠にこのカードを入れるのもありだろう。

  • 《知識の精霊ロードリエス》が場にある状態で要塞化してあると手札からクリーチャーを出すと、すべてのクリーチャーがブロッカーとして場に出るので、ドローが可能になるという裁定が出ている。

サイクル [編集]

DM-30アンコモン

収録セット [編集]

参考 [編集]