《セレスティアル・アーク》 [編集]

セレスティアル・アーク C 光文明 (6)
呪文
バトルゾーンにある、ドラゴンまたはフェニックスではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして持ち主のシールドゾーンに置く。

DM-22で登場した呪文

には珍しい除去呪文《魂と記憶の盾》調整版ともいえる。

《魂と記憶の盾》と違い進化クリーチャー除去できるが、《デーモン・ハンド》に比べると使いづらい点が目立つ。
S・トリガー無しの上、ドラゴンフェニックスを対象に取れないので、ここぞという時に役に立たないことも多い。特にドラゴンはいつになっても数が多いため腐りやすい。

メリット《魂と記憶の盾》同様回収が難しいことぐらいだが、DMR-05で登場した《パニック・ルーム》及びDMR-06で登場した《トゥルー・ヘブンズ》によって立場がほとんどなくなった。そして、DMRP-05でとどめを刺すかの如く上位互換となる《ヘブン・デ・エンドレーサ》が登場してまった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-22
    一万年をかけた仙界の秘術をもってすら、とどかぬもある。

収録セット [編集]

参考 [編集]