《ソニック・IV(フォー)・ワン》 [編集]

ソニック・IV・ワン VR 水文明 (5)
クリーチャー:ソニック・コマンド 5000
各ターンに一度、自分のクリーチャーがバトルゾーンに出てその能力がトリガーする時、その能力を1度のかわりに2度トリガーしてもよい。

DMRP-04裁で登場したソニック・コマンド

名前と能力を見るに、《Dの機関 オール・フォー・ワン》クリーチャー版であることがわかる。

《Dの機関 オール・フォー・ワン》Dスイッチcipを2回発動させる能力ゲーム中で1回から各ターンに1回と回数制限が緩くなったため、長くバトルゾーンに残ればそれだけ能力を使える機会は多くなる。
しかし、クリーチャーであるが故に除去の対象にされやすくなったことや、自身でクリーチャーコスト踏み倒しをする能力が失われたことから、あちらに比べてほかのカードによる御膳立ての必要性が高い点には注意すべきだろう。

  • 前述の通り《Dの機関 オール・フォー・ワン》のリメイク版ということもあり名前も一部共通している。
    • IV(4)を意味する「フォー(four)」と「オール・フォー・ワン(All for one)」の「フォー(for)」は英語でのつづりが異なり、意味も違う単語だが、このように数詞はしばしば同音異義語の略記として用いられる(「Business to Business」を「B2B(Business two Business)」と表記するなどが例として挙げられる)。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-04裁
    海底遺跡から見つかったソニック・IV・ワン。伝説となった禁断の力の一部がついに文明の手に渡った。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ソニック・IV・ワン》の能力の「トリガーする」とはなんですか?
A.能力が発動する状態になることです。このカードの場合、バトルゾーンに出た時に何かする能力を指しています。
引用元

Q.ターンの最初に自分のクリーチャーがバトルゾーンに出てその能力がトリガーする時、必ず《ソニック・Ⅳ・ワン》の能力を適用しなくてはなりませんか?
A.いいえ、この能力は各ターンに1度だけ使えるものですが、どれに対して使うかは任意です。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《ソニック・IV・ワン》と相手の《ブラキオ龍樹》がいます。
《ソニック・IV・ワン》《ブラキオ龍樹》の効果はどちらも置換効果ですが、自分のターン中にクリーチャーをバトルゾーンに出した際、その能力はどうなりますか?
A.《ソニック・IV・ワン》の効果を先に使えるので、2度トリガーさせることができます。置換効果はターンプレイヤーから解決され、連鎖しないため、《ブラキオ龍樹》の効果は適用されません。
もし相手のターン中であれば《ブラキオ龍樹》の効果が優先され、出したクリーチャーの能力はトリガーしません。(総合ルール101.5)
引用元