《ソーシャル・マニフェストII世(にせい) [編集]

ソーシャル・マニフェストII世 SR 水/自然文明 (7)
クリーチャー:トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ 6000
<バズレンダ>[無色(3)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(3)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(3)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、コスト7以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱えてもよい。
W・ブレイカー

DMEX-14で登場した/自然トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ

cipバズレンダ3で1マナブーストの後にコスト7以下の呪文マナゾーンから1枚コスト踏み倒し唱える能力を持つ。

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》と比べると、唱えた呪文が手札に戻らないこととドラゴンでない点で劣るが、序盤で重くてマナに置くしかなった呪文を唱えることができ、墓地利用メタの影響を受けず、バズレンダで複数回唱えられる点などで勝る。
デッキに合ったものを選びたい。
この2種を同じデッキに入れるのもいいだろう。《ソーシャル・マニフェストII世》で唱えた呪文を、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》で再利用するのもいい。

【ミステリー・キューブ】【ガチャガチャデリート】に投入するのもいいだろう。マナゾーンに置かれた《ミステリー・キューブ》を唱えることで、《キング・マニフェスト》のような動きが可能。

マナゾーンの得失±0で呪文を唱えることができ、ランデス呪文を唱えればマナ枚数の際を広げることができるので、ランデス系統のデッキにも投入を検討できる。《S級宇宙 アダムスキー》への侵略にも対応するため、フィニッシュにも困りづらい。青黒緑構築でランデスデッキを組む場合、《神秘の宝箱》《英知と追撃の宝剣》マナゾーンサーチしてこのクリーチャーで撃つという使い方が思い付くであろう。

深く考えなくとも《ロスト・ソウル》がコスト踏み倒し範囲に収まっているため、【青黒緑シャコガイル】にも決して悪くはない。《ドンジャングルS7》でのコスト踏み倒し範囲内なので【チェンジザドンジャングル】にも適性があり、超次元呪文プランを取るのにも適している。

環境において [編集]

それまで良いカード止まりで環境に中々影響を及ぼさなかったが、DMEX-17終期からソリティア力、対応力を補強するためにこのカードを【5色コントロール】に挿したケースが増加。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]