《タンスかみなりヒゲおやじ》 [編集]

タンスかみなりヒゲおやじ C 火文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 3000+
パワーアタッカー+8000(攻撃中、このクリーチャーのパワーを+8000する)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

DMRP-10で登場したジョーカーズ/ワンダフォース

パワーアタッカー+8000と、cipGR召喚を行える能力を持つが、相手プレイヤー攻撃できないというデメリットも持つ。

パワーアタッカー攻撃中であれば常にパワーが上昇するため、Jチェンジと大変相性が良い。
プレイヤー攻撃できないため打点は増やせないが、cipで呼び出したGRクリーチャーが代わりに攻撃してくれるため問題ないだろう。
場にいるだけでパワー11000の殴り返し要員として相手にプレッシャーを与えられるかも知れない。
《シューズッキュン》と組み合わせれば、3コストパワー11000のマッハファイターが飛んでくるため相手からしたら溜まったものではないだろう。

《Dの牢閣 メメント守神宮》でのタップキルが常である登場時の環境にマッチしている。【赤白ミッツァイル】などでは活躍してくれるだろう。《BAKUOOON・ミッツァイル》でプレイヤー攻撃不能の自身を攻撃制限なしのGRクリーチャーに変換できるのが美味しい。

トッキュー8シールド戦では殴り返しでほぼ無敵な上にGR召喚でフィールドアドバンテージを取れるカードであり、デッキが入るなら集めたいカードと言える。コモンなので2枚ピックされることもざら。

  • カード名の由来は世の中にある恐ろしいと言われるものを並べたことわざ「地震雷火事親父」から。
  • 実際のカードではパワー表記が「3000+」ではなく「+3000」と書かれている。おそらく、オレガ・オーラの表記と間違えたのだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]