《ダムダム・ジョーカーズ》 [編集]

ダムダム・ジョーカーズ C 闇文明[ジョーカーズ] (1)
呪文:ジョーカーズ
自分の山札の上から2枚を墓地に置く。
ジョーカーズ・クリーチャーを1体、墓地から手札に戻してもよい。

DMRP-19で登場したジョーカーズ呪文

2枚の墓地肥やし任意でのジョーカーズクリーチャー1体墓地回収効果を持つ。

仮に1ターン目に墓地回収が成功すれば、《ガード・グリップ》と同様マナカーブを邪魔せず山札圧縮ができることになる。
しかし、1ターン目に安定して墓地回収を行うにはジョーカーズを非常に多く採用する必要があり、例えば回収成功率を90%以上にするにはジョーカーズのクリーチャーを28枚程度採用しなければならない。
闇を含むジョーカーズDMRP-19からの登場であり、マナ基盤などの問題があるので要研究だろう。

勿論、1ターン目に拘らないのならば話は別。実質1マナの《ダーク・リバース》であり、追加の闇1マナで墓地召喚できるようなもので、奇襲性は悪くない。ジョーカーズには手札交換手段が多くあるため、墓地肥やしの難易度も低い。
今後のカードプール次第では、入りの【ジョット・ガン・ジョラゴン】も選択肢に入るか。

ジョーカーズ墓地回収にはあまりこだわらず、「コスト1で墓地肥やしができる呪文」としての運用も考えられる。同コスト《ブラッディ・クロス》と比べると相手の墓地肥やしを手助けしなくなったことや、運がよければ《ほめほめ老/ホメホメ老句》《カツラデランス/「アフロ行きま〜す!!」》といったジョーカーズ墓地肥やしカード回収できる点などで優れている。
コスト1で墓地肥やしができるの呪文ということで【カリヤドネループ】の初動にも向く。《ブラッディ・クロス》と異なりフィニッシュには関与しづらいスペックなので、基本的には5枚目以降としての運用になる。回収任意なので、墓地呪文枚数を減らす恐れもない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]